PhotogenicKoshigaya

愛おしいもの

2019/9/30

314 1

泣いている顔、寝ている顔、怒った顔

白目さえ

愛おしい存在、それが赤ちゃんです。

 

スタジオで毎日子供達と接していますが、甥っ子が生まれるまでは、

新生児と関わることは0に近かったと思います。

産まれたての赤ちゃんを抱いたのも、甥っ子がほぼ始めてです。

こんなに小さいのか、と衝撃を受けたのを覚えています。

 

そんな小さかった甥っ子が、会うたびにプクプクと大きくなり、2ヶ月しか経っていませんが、すでに生まれた時の倍近い体重にまで成長しました。

うつ伏せもできるようになり、表情も豊かになってきて、

今のこの瞬間をたくさん記憶も記録もしておきたいと本当に思います。

 

私生活ではあまり記録をしませんが、

甥っ子にはついついカメラを向けている自分がいます。

 

前から足や手の小ささを表現するため、イメージカットを撮っていましたが、

甥っ子が生まれた今、

このカットも貴重な一枚であると切に思います。

この記事をシェアする