PhotogenicKoshigaya

あなたのHappyな1日に

2019/5/20

731 1

 

毎日がどこかの誰かの記念日で

毎日どこかの誰かに幸せの瞬間が訪れている

 

ライフスタジオで行っている

「Happy 365分の1 Lifestudo Happy Birthday Party」

 

誕生日じゃなくても、記念日じゃなくても、

写真を撮って、残す事が出来たその日が記念日になるように

それぞれ店舗ごとに沢山の工夫がされています。

 

越谷店ではブースを1から手作り。

試行錯誤を重ね、現在のブースが出来上がりました。

布、イルミネーション、ケーキを手作りして、ボードを作って、見て可愛くて、記念に残るようなブースを考えて作りました。

そして、もっとも大切なのは、今日この時にお祝いされるその子が楽しくて、見ているお父さんお母さんも一緒に幸せな気持ちになれるかどうか。

 

被写体の彼にはお姉ちゃんがいます。

お姉ちゃんは3歳の七五三記念でお着物を着ていましたが、彼は元気いっぱいで動きたい盛り。

お姉ちゃんの撮影の時は別のお部屋に待機していましたが、外で元気で可愛らしい声が聞こえてきました。

兄弟写真も、家族写真も動きたくて仕方がない彼は自由に動いて、ちょっとぶつけて泣いて天真爛漫な赤ちゃんらしい姿を沢山見せてくれていました。

1人の撮影になると、みんなの注目が自分に集まった事で少し緊張したかな、

先ほどより少しだけ落ち着いてちょっとだけおすまししたような雰囲気に。

でも、「かんぱーい!」とおもちゃをこつんっとすると嬉しそうにこちら見つめ微笑んでくれる姿を見て、1年間の彼の成長の一部分を残す事が出来たなら嬉しいなと思いました。

 

私が写真館の業界に入ってから約7年。

実は私の母も数年前まで写真館で働いていました。

母が当時勤務していた写真館は埼玉で、当時横浜に住んでいましたが、横浜→埼玉を毎日通勤していて、今考えても本当にタフな人だなと感心します。

たまに学校が休みの時に母の仕事場に一緒についていき、その場で成長記念の写真を撮っていて、写真館で記念写真を撮るという事がなんとなく自然な流れで自分の成長過程に残っていました。

大人になり、自分が成長の記録を残す側になった時、時間の流れ、成長の流れがあまりに早く、

時間は瞬く間に過ぎていく事に気が付き、今は今でしか残す事が出来ないんだという事をこの場所で写真を残しながら感じるようになりました。

 

今もまた1日1日は刻々と変化していて、自分自身も、一緒に過ごしている大切な人も一緒に変わっていきます。

普遍的に変わらないもの、変わってはいけないものはあるけれど、

成長と変化は誰にでも起こりうるもので、変わっていった事も大切に、記憶に残しておく事が出来る方法の1つが「写真」なのだと思います。

母が写真館に勤めていたからではあるけれど、幼い頃から大切な記念を残す事をしてくれた母。

この記憶が私の中に残り、こうやって色々な人たちに出会う事が出来た今に感謝し、また明日からも誰かの大切な瞬間を残していきたいです。

 

cordi by Nasu

photo by Manami

write by Manami

この記事をシェアする