Our StoryHead office

★千葉フォレスト店のインテリア工事に行ってきました★

2018/4/10

422 0

3月末の週末に本社のチョンアさんとそのかの2人でインテリア工事に参加してまりました。
向かった先は皆さんご存知のところで、現在5月末のオープンに向けてインテリア工事真っ盛りの
千葉フォレスト店です。

こちらから店舗のページに飛ぶことができます。






今までのライフスタジオのはない最大規模の敷地を誇る千葉フォレスト店ですので、
インテリア工事もほかのスタジオの何十倍もの労力と時間が必要となっています。


各店舗からもそれぞれの休日を利用して、スタッフがインテリアの応援に駆けつけています。
インテリアの朝は早く7:00からはじまりますが、みんな気合をいれてインテリア用の衣装に
身を包み、朝早くから汗を流します。





千葉フォレスト店は周りにたくさんの自然があるので、おいしい空気を吸いながら、
気持ちよくインテリア工事をすることができます。


この日は私たち以外に特別なゲストが来てくれました。
それは香川県でスタジオcoconをしているメンバーのかえさんと梅さんです。
coconのスタッフの皆さんはライフスタジオでインテリア工事をしていると駆けつけてきてくれます。


この日は朝ごはんまで準備してくれました。
お手製のお茶漬けとすき焼きです。
朝からこんなにおいしいものが食べれて本当に幸せでした。
一緒にインテリアをするこの機会を大切に思い、準備してくれたのだなと感じました。
お茶漬けはだし醤油を持ってきて、具材一つ一つまでクーラーバックに入れて持ってきてくれました。

下の写真の上のほうに写っているものは今日のランチです。
私たちのために朴社長とへよんさんが韓国料理のポッサムを手作りで作ってくれました。
ポッサムとともにたべるキムチまで手作りです。
お店で食べる以上においしいごはんでした。
誰かを思って準備される千葉フォレスト店のごはんはそれだけでも魅力や思いがあふれていました。





かえさんは休憩の時にみんなで食べられるクッキーまで手作りで作ってきてくれました。
イチゴもcoconのなおこさんからの差し入れです。
どこまでも尽くされていて、感謝です^^





この日のインテリア工事はペイント部隊と、テーピング部隊に別れて作業をしました。
低いところから手が届かないほど高いところまではしごに上りながら作業をしました。











この日かえさんは筆を握りスタジオに文字を書いてくれました。
千葉フォレスト店は絵と文字が所々に書かれています。
文字も意味をおいた文章を書いています。
スタジオに撮影に行った際に、どこに絵が描かれているか、どこに文章が書かれているのかを
みんなで探してみるのもひとつの楽しみになりそうです。
毎回インテリア工事に訪れるたびに、文章や絵が増えていっています。
それを見ると、この場所に「生」がやどったかのように感じます。
誰かが考えて書く絵や文章がこうやってスタジオの温かさを作っていくのだなあと思いました。



まだもう少しかかりますが、いろんな人達の手が加わりながら着々と完成に近づいていっています。
自分たちでインテリア工事をしていくライフスタジオ。
それは何年も前からライフスタジオの文化として定着しています。

自分たちのスタジオに、
愛着を持って、息を吹き込みながら、
自分たちにしかできない世界で一つのスタジオを作るために。
今日もまた休みなく動いている千葉フォレスト店です。

日々の変化や進行状況は千葉フォレスト店のOur Storyでも見ることができます。
興味のあるかたは是非チェックしてください^^
★千葉フォレスト店 Our Story★


今日は千葉フォレスト店のインテリア工事のお話をお届けしました~

この記事をシェアする