PhotogenicChiba Forest

兄弟

2018/6/16

2246 0

僕は男4人兄弟の末っ子です。そのため兄達からたくさん可愛がってもらい、何かあれば兄達が解決してくれ、何か不満があれば兄達が解消してくれ、自由にのびのび生きてきました。

 特に3番目の兄とは年齢が近いこともあり、今でも連絡を取り合い、ごはんもしたりする仲です。そんな僕と3番目の兄の関係とは何だろうと考えると、「信頼」でした。もし兄に僕達の関係を聞いたら「そんなもん家族だろ」と言ったり、違う答えを言うと思います。しかし私の視点からみたら、兄と私は「信頼」で結ばれ、私は兄を信頼しているんです。

 

小学校の時には親が共働きで夜遅いときにごはんを作ってくれたり、転校したての頃は友達の家に遊びに行くときに私も一緒に連れて行ってくれたり、中学時代サッカー部の時に、親からお金をもらってスパイクを買うことを普通と思っていましたが兄は私にお金をくれスパイクをこれで買えと言ってくれたり、海外留学をしていた際には住む家・学校のこと全ての手続きを兄がしてくれたり、進路で悩む時も兄が常に相談してくれました。

そんな兄の姿、兄がしてくれたことを通して私は兄に対して「信頼」を自然とするようになり、今も変わらず信頼をおいています。

 

今回撮影に2人兄弟がいらっしゃいました。照れながらも社交的なお兄ちゃん、緊張して少し固まっている弟君。しかし兄と遊んだり何かをするとすごく可愛い笑顔を見せる弟君。兄弟ならではの姿であり、きっとお家でママさん、パパさんがみる日常の風景なんだろうなと感じていました。

 

2ショットの撮影をする際、この子たちをどう写していこうかと考えていました。お利口さんな2人だったのでポーズも言われたことも何でも出来る子でした。撮影をする際にはとてもうれしいことですが、お利口さんすぎて何でもできてしまうと逆に自然な写真を撮るのは難しいものです。これは贅沢な悩みとして。笑。考えた結果、野外撮影で2ショットを撮ることに決めました。もっと子供達に開放的になって自由に遊んでもらいたい、2人の本当の姿をみたい、この考えだけで野外という場所を決めました。

 

お利口さんな2人なので撮影は順調に進んでいきますが、この2人を見ているときに私も昔兄にこういう感じで遊んでもらったのかな?と自分の昔を思い出しました。そこで気付いたのはやはり兄は面倒見が良く、弟の方がおちゃらけがある。あーこれが兄弟の姿で、兄弟の役割で、2人の関係なんだろうなと。この撮影中には考え付きませんでしたが、今考えると「信頼」があるからこそ、このような姿が見れるんだなと思いました。

 

そのため撮影中、兄と弟の関係がわかる写真を残すために今回のおんぶの写真を誘導しこの1枚を残しました。

 

最後に

私はライフスタジオに入社しカメラマンになり、たくさんのお客様と出会い、たくさんの写真を残してきました。その過程の中で、自分の写真とは何だろう。自分だけが撮れる写真とは何だろう。と常に考えてきました。僕は秀でた何かを持っているわけではありませんが、僕だからこそできる写真の撮り方があるのではないかと考えるようになりました。

それは、相手のことを思い考えることです。あなたはどんな子で、どんなことが好きで、どんなことが嫌いで、今はどんな気持ちで、どんな風に親から見られて、色んな面からあなたを見て、その色んな面のあなたを残す。あなたがカレーが好きだったらどんなカレーが好きかあなたのためだけのカレーを作り渡して行きたいと思います。

 

あなたの為のあなただけの写真[KATSU STYLE]

この記事をシェアする