ライフNowLife Now

働く人の顔が見えるスタジオ!ライフスタジオの全体会議2021。

投稿日:2021/10/6     更新日:2021/10/10

453 0

「人生の写真館 ライフスタジオ」という名前に込めた想い。
それは、出会う全ての人が生きている証を確認できる場所になること。もちろん、働くスタッフも例外ではありません。

写真館では撮る側も撮られる側も「人」です。私たちは人と人が出合い、新しい価値を生み出す、創造の喜びを味わえる空間作りをしていきたいと思います。

そんなライフスタジオの根幹となる「社内会議」。
一体どんな雰囲気で行われているのか、ちょこっとご紹介したいと思います。

 

ライフスタジオの社内会議の歴史はライフスタジオの歴史そのものです。
第1号店である青山店のオープン計画書にもその重要性について語られていました。
月に1度。まだ1、2店舗規模の時から水戸、名古屋、横浜など全国に少しずつ店舗が増えていきながらも全スタッフが集まり、写真や哲学について話し合い、共にご飯を食べ、笑い合いながら交流を続けてきました。

コロナで移動が難しくなった今は、残念ながら物理的に集まることはできなくなってしまいましたが、形を変えてオンライン上で集まり店舗間の交流、意見交換、勉強会を続けています。

特に昨年から各分野においてカリキュラムをしっかり整え、個人そして店舗全体のスキルアップを目指して取り組んでいます。

 

カメラマンチームでは主題を設定し、2か月後の会議で各店舗の取り組み内容を発表しながらお互いのスキルを磨き合います。また、月刊Photogenicの候補者・受賞者による写真分析と撮影の心得などを発表する場も設けていて、日々の撮影以上のレベルアップを目指して努力しています。

コーディネーターチームは各取り組みを通して衣装提供のセンスアップや、接客のスキルアップを目指します。季節毎のテーマカラーを決めて今月のコーディに挑戦したり、トレンドを取り入れた衣装や小物を発表したり、HPやSNS上の見せ方も工夫するコーディネーターチームです。

CSチームでは、よりお客様の目線にたち、お客様のご要望を感じ取る力やより感動してもらえるような取り組みを考えたりしています。実際あったお客様の声を参考に、色んな角度からお客様の要望を深く読み解いていき、自店舗だったらどのように解決したのか意見を交わしたりするなど、より良い結果に繋がるためにどうしたらいいかじっくり深く話し合っています。

主題討論は、ライフスタジオの企業理念やマインドを勉強します。今年は「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」という本を参考に討論しました。各項目に出てくるディズニーの事例をライフスタジオに当てはめて、みんなの知恵を出し合い現場に落とし込むまでが課題でした。実行と再確認のサイクルを作った有意義な時間でした。

 

机上の空論ではなく生き生きとした会議にするためには、具体的な目標設定と達成に向けたアクションが必要です。2021年の全体会議の効果として目に見える変化が少しずつ現れています。

・顧客アンケート結果が前年比5%アップ
1年間を通して様々な取り組みを実施してきた理由としてはやはりご来店頂いた皆さまにより多くの感動をお届けするためでもあります。お客様から頂いたアンケート結果が、前年比で約5%アップ致しました。

・店舗同士の連帯感
会議を通じて店舗間のつながりも強化され、他店舗スタッフとの交流や意見交換を通じてより連帯感を強めていけるようにもなっています。

以上、2021年全体会議のご報告でした!

これからも、生きて動く組織を目指して、ご来店される皆様に「だからライフスタジオ、やっぱりライフスタジオ」と思って頂けるようにスタッフ一同成長していきたいと思っています。

今後の活動にもぜひご注目下さい。

この記事をシェアする