ライフNowLife Now

【Butterfly】人生の写真館ライフスタジオ(写真を残す理由とは)

2018/7/18

1292 0

こちらのご家族は今産休に入っていますが、青葉店のSasaki Kaoriさんの大切な家族です。
 

 

かおさんがブログに書いた文章を見てどうしてもこのご家族にお会いしてみたいと思い、会いに行かせて頂きました。

かおさんのFamilyへ宛てたメッセージは文章はこちらです。

そこに書かれている内容を見ながら、Kamimoto Familyにとって写真が本当に大きな意味を持っているもののように感じました。
そしてその瞬間を私たちライフスタジオが一緒に作ることが出来ていることにとても誇らしい気持ちにもなり、感謝の想いが募りました。
かおさんと家族の関係、そしてKamimoto Familyの人生において写真がどのような存在なのか直接家族にお会いして聞きたいと思いました。
 

お家にはライフスタジオで7年間の成長を記録してきたお写真がたくさん飾られていました。
そしてスタッフが家族へと送った手紙のひとつひとつも丁寧に飾ってありました。

 

「毎年撮影する写真は、家族のカタチ。
写真を見ながら、これが私の家族なのだ、
大切にしたい家族なんだと思う。

ベタなことばかもしれないけれども、
本当にライフスタジオで撮った写真は宝物です。」

 

ママのその言葉に強い喜びと、そして深さを感じました。
私たちが行っている撮影が、こんなにも人の人生を確認させ、実感させ、喜びを与えることが出来ているのだと、うれしくも身が引き締まる思いでした。

写真だけでなく、その時間も渡しんでもらいたいからこそ、私たちは2時間という撮影時間に意味を置いて、思い出を残そうとしています。
写真はその時の情景だけが残るものではありません。
その時の想いも一緒に記憶させていきます。
だからこそ出会う家族との関係を大切に考えていて、その時間をどう作っていきたいのかを考えています。

 

ライフスタジオでは今までその家族との関係を文章にし、蓄積をするということをあまり行ってきませんでした。
言葉にすることを通して自分の想いを確認することが出来、表した自分を確認することが出来、
家族への想いをきちんと相手に伝わる形で届けることが出来ます。

今までは各自の心に秘めていたその思いを
今私たちは言葉にして、大切な家族へと届けています。

それは想いを共有したい家族がいるから、届けたい人がいるから、忘れたくない想いがあるからです。
それをButterflyという名前を付けて個人のブログに書き表しています。

そしてそのButterflyの文章は一定の審査過程を通過したものを
ライフスタジオのこれからも伝えていきたいレジェンドとして掲げています。
こちらのページにからご覧いただけます。

▶殿堂入り

ぜひこちらもご覧ください。

この記事をシェアする