店舗フォトジェニック集Photogenic

「出会いと想いと閃きと」

2019/7/20

645 8

私がこの職について3年目になる今。

これまでどれだけの家族に出会ってきたのだろう。

 

初めの頃は撮影しに来てくれたお子様一人一人がそれぞれ個性が違うのであたふたしたものだが、今はそれがとても楽しくて堪らない。 

 

初めましての彼女達は1つ歳の離れた姉妹。

もちろん性格や個性も違う。

お姉ちゃんは、おしとやか。

それでいて女の子らしく乙女で可愛い一面が多々見受けられた。

妹ちゃんはとても元気いっぱい。

明るくユーモアのある可愛らしい女の子でした。

 

2人はとても仲が良く、ユーモアのある妹ちゃんの発言に対しお姉ちゃんは隣で優しく微笑んでいる。そんな温かな光景が私の中に今でもしっかりと焼き付いています。

 

ちょうど身長も同じくらいの2人。

それでいて仲が良いのでよく双子に間違えられるそうです。

そんな2人を撮っているうちに突然、頭の中にビビビッ!!!と雷が落ちるようにアイデアが閃きました。

 

私は2人に背中合わせをしてもらいそれぞれに前を見てもらう様にお願いをしました。

 

シルエットの写真を撮影したかった私は、シャッタースピードをうんと速くしてシャッターを切りました。

 

カジュアル撮影でお持ち込みのお洋服にお着替えした2人に

 

「あら、2人ともどこにお出かけですか?」

と尋ねました。

すると妹ちゃんが

「ストッカー!!!シャケ買うんだ〜!」

(スーパーマーケットの名前)

と元気いっぱいに答えてくれました。

隣で微笑むお姉ちゃん。

 

2人はママと一緒にスーパーマーケットによく行くそうです。

実際に私はその場面を見た訳では無いのですが、

 

きっとお買い物してるママからちょっと離れて仲良くお菓子売り場とか見てるのかなぁ。

 

と微笑ましい光景が目に浮かびました。

 

そんな2人にも、それぞれ夢を持ち大きくなって生まれ育った家を離れる時がきっといつかやって来るでしょう。

 

「娘に会いたい」

「お姉ちゃんに会いたい」

「妹に会いたい」

 

ちょっぴりどこか寂しくなった時にこの一枚を見て、この写真を撮った時でもそれ以外でも様々な思い出を思い出してくれたらなぁ。

そんな想いを込めてこの一枚を撮影致しました。

 

今回は2人同じくらいで並んだシルエットで撮影できましたがきっとこれから毎年、差が出てくるかと思います。

 

今しか残せないこの一枚。

家族の大切な思い出になればいいなと思います。

 

photo by kazuki 

coordinator by toshi 

 

 

この記事をシェアする