Staff BlogOsaka 1st

いく
大阪1号店

北岑 郁代

9月より「ライフスタジオ大阪店」にて
お待ちしております。

こんにちは。
「きたみねいくよ」と申します。
生まれも育ちも福井県です♪

幸せな一瞬を写真に残すため、カメラを抱えて今日もお待ちしております!

photogenic-ありのまま

2019/1/20

224 3

自分をありのままさらけ出してくれる人は、信頼できる。  

信頼できる人の周りには、その人と一緒にいたいと思う人が集まる。  

自分をさらけ出せる人、そんな人に私もなりたい。  

 

 

いくよ  

 

 

 

 

相田みつお先生のような言葉から始まります。  

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、話は急に変わります。  

年末、ジャニーズのアイドルがドッキリに引っかかるという番組を見てから、ジャニーズが気になり出しています。  

芸能人なので外見は当然かっこいい。ですが、それだけじゃない魅力。  

なぜにこんなに魅力的にうつるのか?  

その彼の人気は「天然おバカ」と言われているキャラクターにあります。  

疑いたくなる発言。とりあえず素直。飾ることなく、ありのままの自分をさらけ出す。  

笑われても、自分を偽ることなく、怒ることなく。  

芸能人なので、作り込まれたキャラクターかもしれませんが、その彼はジャニーズ期待の新星と言われているそうです。  

ありのままさらけ出すなんて、私にはそんな強さは持てません。  

アイドルって凄いですね。  

 

 

 

 

今回、撮影した彼もそんな魅力を持った人でした。  

他人が自分をどう思うかなんて関係なく、  

自分を飾ることなく、体を自由に動かし、感情がおもむくまま進んでいく。  

 

 

正直、最初の家族写真撮影では彼の動きが読めず、カメラマンとしては不安になりました。  

しかし、ソロ撮影が進んでいくと、彼の魅力に吸い込まれていく自分に気がつきました。  

 

 

ユーチューブを見て習得したという、片言の中国語、英語の発音がネイティブなこと。  

椅子の前で椅子には座らず、スレスレのところで空気椅子。  

屋根に登れると意気込んで飛び乗ったが、腰が引けてなかなか登れないこと。  

くまのぬいぐるみを担がせれば、右に出る者はいないぐらい完璧。  

 

 

 

 

 

 

このまま、彼をずっと撮影し続けたい。  

彼の魅力をもっと知りたい。  

 

 

 

 

 

 

最後には、そう思っていました。  

スタジオ撮影だけでなく、人との出会いの中でも、なかなかそう思える出会いは多くありません。  

嬉しい出会いでした。  

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、  

撮影当日は、彼の7回目の誕生日。  

袋田の滝を見にいくんだと、ママ。  

としくんのブログに掲載してある動画を見てそう決めたとのこと。  

その前に、ライフスタジオでバースデーパーティをしていくという1日のスケジュール。  

大好きないちごがたくさんのったケーキを準備してきてくださいました。  

 

 

なんて嬉しい!!  

年に1度の大切な日を、私たちと過ごしてくださるなんて。  

これは全力でお祝いしたいと気合が入ります。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力的な彼との出会いと、大切な記念日のダブルです!!  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の初めから全店舗同時開催中の  

バースデーパーティーイベント!  

写真を撮るだけじゃない、普段の撮影に特別な時間と空間をプラスした、ライフスタジオがお届けする新しい形のイベントです。  

 ← 詳しくは、こちらをご覧ください( ´ ▽ ` )

 

 

 

その撮影ブースで、  

バースデーソングを歌い、ろうそくを吹き消し、ケーキと共に撮影し、スマッシュケーキをしました。  

 

 

 

 

動画では流れて行ってしまう。  

一瞬を切り取るっていいですね。  

彼の魅力とパーティー感を写真で捉えたら、こうなりました。  

 

 

 

 

 

 

 

 

【広角で下から撮影した理由】 

被写体の自由な動きを躍動的に写し出す効果をねらいました。  

フォークを持っているのに、手づかみで大好きないちごを口へ放り投げるワイルドさ。  

大きく開いた目には光が入り、強い力を感じ、  

口の周りにはクリームをつけ、彼は食べることに真剣になっていることがわかります。  

 

 

【空間の整理】 

水平垂直を後ろのガーランドに合わせて安定感を出していると同時に、バースデーパーティーとわかるように視線を誘導しています。  

ケーキは写っていなくとも、フォーク、口に入れるいちご、口についたクリームで、フレームの外にケーキがあることが想像できます。  

右上テントの植物と左下自転車の植物が対角線上にあり、色と素材でバランスを取っています。  

 

 

【光】 

逆光で被写体の輪郭が強調され、背景から浮き上がって見える効果があります。  

フレアが入り、清潔感のある青い色合いは、インテリアと洋服のオーガニックなテイストに合っています。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末、水戸店の店長として任命を受けました。  

私にできるか不安で、荷が重いと感じていました。  

年明け、彼に出会い、気づくことができました。  

 

 

 

 

偽ることなく、  

自分をありのままさらけ出して、  

水戸店スタッフに頼ろう。  

そして、信頼してもらえる人になろう。  

 

 

 

 

そんな強い人に私はなれるだろうか。  

 
 

 

 

 

Photo:iku 

coordi:toshi 

studio:lifestudio mito

この記事をシェアする