Staff BlogOmiya

Chika Maruyama
大宮店

丸山知香

普段は大宮店にいたり、ふじみ野店にいたりする、マルちゃんこと、丸山です。
7月からは、主にふじみ野店にいます^^
以前は映像系のカメラの勉強をし、某テレビ局に勤めておりました。
が……写真の魅力にひかれ、ライフスタジオにやってきました^^
小学校からソフトボールをやっていたので、体を動かすことが好きです!撮影でもたくさん、体を動かしましょう!笑


私の写真でたくさんの人に笑顔が届けられますように…

memories No.53 その瞬間

2020/3/7

441 0

撮影をしていると、背筋がすっと伸びるような感覚や、ドキッと胸が高鳴る瞬間に出会う事がある。

 

この時、レンズ越しに彼女と目があった瞬間、思わず、「おぉ…」とコーディで入っていたポンさんと声を上げたのを覚えてる。

分類をしている時も、「この時、きたよね」と言ったポンさんに、「きましたね!」と話していた。

 

私は、彼女のスイッチが切り替わる瞬間に出会った気がした。

 

写真を撮られる事が好きな子はたくさんいる。

いつもと違う服を着て、スイッチが入る子もいる。

 

この時、私はただ彼女と目が合ったから、ドキッとしたわけではない。

彼女のポージング、重心のかけ方、全てがマッチしていて、そこで目があったからドキッとしたのだ。

ここでポージングに物足りなさがあったら、こんなにも心が動かされなかっただろう。

 

頬ずえをつくポーズはよくさせる。

しかし、ただ単に頬ずえをさせるだけでは、女性らしい、しなやかさは出ないだろう。

この、椅子に座ってドレッサーに手をつく時、用意する椅子の高さは少し高め。

少し高めのイスを用意することで、当たり前だが、手をつくと、重心が前に行く。すると、頬をついた方の肩は下がり、奥の肩は上がる。

さりげない、肩の高さの違いが、女性らしいしなやかさをグッと引き出す。

この女性らしい肩の使い方や、ひねり方が綺麗に決まった瞬間、くりっとした瞳と目があいドキッとしたのだ。

 

彼女の表現力に驚いた。

 

弟くんの無邪気に遊ぶ姿にも、心惹かれながら、シャッターを切っていた。

お姉ちゃんに似た、綺麗な瞳で、一生懸命シャボン玉に手を伸ばす姿が可愛らしかった。

またお会いできる日を、楽しみにお待ちしております。

 

studio:Yoyogi

coordi:PON

photo:MARU

https://www.lifestudio.jp/studio/yoyogi/staff_blog/maru10

この記事をシェアする