Staff BlogKoshigaya

KawaharaTakako
越谷店

kawahara takako

越谷店のたかちゃんです。
写真を撮ると、かなりの確立で目をつぶってしまいます。大勢で撮って、一人だけ目が開いてないことはしょっちゅうです。恥ずかしくて、撮られることが苦手ですが、克服したいと思っています。
好きなことは、山や空を見ることです。山から見る眺めは最高ですよ!!おすすめの山があったら、教えてください。
あとは、撮影中にお話ししましょう!

飾らない素直なあなたも美しい

2019/5/31

104 0

彼女は、本来

素直な心を持った明るく無邪気な子です。

無邪気な面に気づいたのは、撮影が序盤を迎えた頃、

急に踊り出す彼女の姿に

本来の彼女を見たように思います。

私を見てくれ!と言わんばかりに少しオーバーに動き、

しかし、手先や足先まで神経を巡らせ

一つ一つの動きはしなやかで。

ダンスやバレエの経験があるように見えるのに、経験はなく、全ては彼女の独学。

独特の世界観もまた持っているのだなと思いました。

 

ただ、この写真を残した時には、

まだ私たちも彼女のことを探っている段階であり、

彼女も、私たちの指示やお願いに素直に答えながら、

心を開いて良いのかと伺っていたのでしょう。

 

コーディネーターとして一緒に入ったなおちゃんが、

着物の撮影を終え、次の衣装での撮影の前に、

「衣装は2人で決めました!とても似合ってます」と嬉しそうに彼女のことを話してくれました。

 

着替え終えた彼女に会いにいくと、

また彼女もなおちゃんと同じく嬉しさを抑えられないといった表情をしていました。

自分でコーディネートした衣装に身を包んだ彼女は、着物の時の緊張した面持ちから一変、

 こちらがわぁと驚くような挑発したような視線と表情をくれたり、

くしゃっと笑ってみせたりと

モデルと言われる人たちのように、

コロコロと表情を変えてくれました。

 

衣装への強いこだわりがあり、「いいねー」の私達からの声かけに合わせてきてくれる彼女ですから、

自分の可愛い顔、理想とする表情があるはすです。

また、ママにとっての娘の顔もあるはずです。

 

そして、カメラマンである私にも撮影者として

私が美しいと思う瞬間を伝える必要があります。

シャッターを押した瞬間は、全て美しい瞬間に変わりはないのですが。

無邪気な一面は後から知りましたが、

素直に答えてくれる彼女の優しさから

ありのまま飾らない姿が、あなたらしくて

美しいと私も素直に思いました。

 

次回は、あなたの世界にもう一歩踏み込み

もっとあなたの魅力に触れたいと切に思います。

 

 

この記事をシェアする