Staff BlogKoshigaya

KawaharaTakako
越谷店

kawahara takako

越谷店のたかちゃんです。
写真を撮ると、かなりの確立で目をつぶってしまいます。大勢で撮って、一人だけ目が開いてないことはしょっちゅうです。恥ずかしくて、撮られることが苦手ですが、克服したいと思っています。
好きなことは、山や空を見ることです。山から見る眺めは最高ですよ!!おすすめの山があったら、教えてください。
あとは、撮影中にお話ししましょう!

お洒落なインテリアのスタジオ ライフスタジオ越谷店を徹底解説part5

2019/5/30

106 0

越谷店のインテリアを写真と共に紹介しているブログも今回で5回目です。

 

まずはじめに、ご近所さんでも

越谷店の存在を知らなかったと仰る方もいるので、

少しだけ越谷店の歴史を紹介しようと思います。

 

オープンは2012年なので、今年で7年目を迎えます。

2015年に、会社の方針で

営業よりもスタッフ育成を優先した時期があり、

その間は、店舗を休業し学習に充てていました。

そして、創業10周年の2016年に

1階のインテリアをリニューアルし、営業を再開。

土日には、延べ10回以上来て下さったファミリーを招待し、感謝の気持ちを伝えるべく、イベントを行っていました。

 

また、2018年には2階の一部エリアもリニューアルし、

日々変化を求め、2019年現在も元気に営業しています^^

 

今日ご紹介するのは、昨年2018年に新たにできた

“Maybe London”と呼ばれる空間!

 

 越谷店のスタッフは、誰一人としてイギリスに行ったことがないので、おそらくこんな感じではなかろうかとイメージを膨らませて生まれました^^

 

私の幼い頃の記憶なので、定かではないですが、

旅行先として当時は、イギリスが圧倒的な人気があったように思います。

ビートルズの影響もあったのかもしれませんが、

今でもバッキンガム宮殿やビックベンをはじめ、バラの庭園など魅力に溢れる国ですよね。

 

そんな国の首都”ロンドン”は、

 

人も街も全てがお洒落な印象です。

 

アフターヌーンティーと呼ばれる喫茶習慣があるくらいですから、

喫茶店で紅茶を飲みながら、それぞれが好きな時間を過ごしているのでしょう。

 

Maybe Londonもカフェのような作りになっており、被写体それぞれに合わせて自由自在に変化します。

 

インテリアをつくる上で重要なことは、奥行きのある空間にすることです。

平面の写真を立体的に写すには、奥行きが必要ですからね。

 

インテリア工事前に、ソファ入れようか、ランプを上から垂らそうか等

あーでもない、こーでもないと話し合いを重ねましたが、

結局、今のシンプルな形になりました。

 

奥行きを出すため、被写体やそのときのポージングに合わせて

入り口のドア越しに撮ったり、

大きいトランクなどを置いたりしながら、その都度

奥行きを作っています。

 

話はこの辺にして、お楽しみの写真を

ご覧ください。

 

兄弟写真だって

 

被写体が空間を活かしてくれる。

それを証明してくれるインテリア。

 

この記事をシェアする