PhotogenicKoshigaya

Melty

2019/6/30

271 0

  Melty

Photo by バナナさん coodinate by 田中直美

 

子供たちが見せてくれる屈託のない

溶けてしまうような甘い笑顔が好きです

わたしたち大人がいつのまにか忘れてしまっている表情

 

何も隠さない 何の遠慮もいらない 

 

わたしたちはそれを「無邪気」と呼びます

 

◆声かけ

「声かけはいつも、子供たちの温度よりも1℃高く」 

そんなことを日々意識しています 

 

こどもが楽しいように 飽きないように

少し大げさで、誰が見ても聞いても 思わず笑いが起きてしまうような

 

目指している絵が見えていて こどもに「こうやって」と思うことを、

あえて 「こどもが真似をしたくなる楽しさ」に 変換する仕事をしています

 

はたから見ると 

「大の大人が捨て身・・・」のように見えるかもしれませんが

「人を笑顔で溶かすには まず私たちが溶けていなければならない」

 

そう思っています

 

カメラマンはカメラを向けていて、声かけもできますが

こどもが溶けるような笑顔や表情、仕草を見せてくれるには

もう一人の撮影コーディネーターと共にそれを誘発するエネルギーが

わたしたちの撮影では非常に重要です 

 

1℃高くある為には

わたしたちの声かけの言葉だけでなく、あらゆるエネルギーが必要です

魅せる表情、笑顔の誘発、言葉かけのトーン、声の大きさ、etc...

 

わたしたちが見せる大げさな仕草の「しーーーーっ」というまねごとを

全力で楽しそうにしてくれた3歳の彼女 七五三の後のドレスでの撮影でしたね

 

瞬間を、望遠レンズ200mmで 絞りは最小にして背景をぼかし アップで最大限被写体に集中

子供のぎゅっとした仕草の最大と

この時の望遠レンズ焦点距離の最大である200mm

絞り値をこのカメラボディでの最小2.8F (被写界震度は浅くなり最大のボケが生まれます) 

 

この瞬間にある様々な条件の最大でしたとも言えます

 

背景のファンシーゾーンインテリアはボケて 

色は光と共に混ざり溶け合います

 

 

もうひとつのMelty  溶けゆく空間と記憶

越谷店で私たちがしばらく撮影してきたインテリア空間、通称「ファンシーゾーン」

実は、7月のインテリア改装でこの空間ともさよならとなります

 

前回のインテリアの改装の時、以前の空間の構造物はそのまま生かしながら

色調とテーマを変えて空間をリニューアルしこれまで活用してきました。

もう2週間後には完全に取り払って別の空間が生まれる予定です。

 

「側面には○に△に□の穴の壁」

「登ったりすわったり、隠れたりしたはしご」

「カラフルでやわらかいクッションとお人形」

 

さまざまな立体空間として、私たちの撮影空間として、共に楽しい思い出を演出してくれました

 

前にあの場所で撮ったな~という思い出は写真を見れば思い出せますが

 

この空間での写真は二度とはなく、思い出のあの場所に変わります

 

このMeltyの写真のカットの前には

背景の奥行きの空間も映るように撮影もしているので

最後のクライマックスにクローズアップを持っていきます

このMeltyのクローズアップカットでは被写体に集中し、思いきり背景をぼかす選択をしています

被写体と背景との距離をあえて空けておいた場所で撮影を始め

アップにした時には背景空間のボケ具合を想定しておきます

 

焦点距離200mm f2.8  SS  1/125  ISO 1250

 

あの日の思い出も 甘く とけゆく 

Melty smileの写真と 

Melty ファンシーゾーン を少し感傷的に思いながら 

200mmレンズで撮った溶けるような思い出の写真を眺めています 

この記事をシェアする