Staff BlogIchikawa

【Game Story-1(Dark Souls Remaster)】

2019/1/24

200 6

【死ぬ準備は出来てますか?】

帰ってきた名作Dark Souls Remaster(ダークソウルリマスト)

https://post-phinf.pstatic.net/MjAxODA1MThfMTIz/MDAxNTI2NTkzODQzNzA0.C9TBHJ9Xzl5m7hIPjj3Uy0vYgDAiGyr3ivL8cEzU_xQg.UrxLSiiHmL-7WLjIezk4UK7U080M8FiT4DcdyKitroEg.JPEG/04.jpg?type=w1200

Title: Dark Souls Remaster(ダークソウルリマスト)

Platform: PS4, Xbox One, PC, Nintendo Switch

発売日:2018.05.24

ジャンル:Action RPG

価格:4,300円

 

Title: Dark Souls Remaster(ダークソウルリマスト)

Platform: PS4, Xbox One, PC, Nintendo Switch

発売日:2018.05.24

ジャンル:Action RPG

価格:4,300円

 

■Dark Souls Remaster(ダークソウルリマスト)どういったゲーム?

2011年、当時海外のゲーマーたちは日本のRPG Gameを懐疑的な目線で見ていました。少年の勇士が世の中を守るために敵と戦うという典型的なストーリーが重ねて繰り返される、相当数がターン方式戦闘とその変種システムに依存して、自由度がほとんどないなど、様々な問題があるという理由でした。

https://post-phinf.pstatic.net/MjAxODA1MThfMjMx/MDAxNTI2NTkzNzUxMzM0.tHSbRVCrUmAWWG535z9ECRtZ0gSdkILsDK81kRVmuxog.ELw82pOlMF03eRzA3b-Pggj7u27oATK7wSdNfVBOqhgg.JPEG/02.jpg?type=w1200

その時,日本ゲーム開発会社From Software(フロムソフトウェア)がファンタジーアクション RPG Dark Souls(ダークソウル)を公開しました。 通常の日本のRPGゲームとは全く違う陰うつな雰囲気を前面に押し出し,ターン方式ではなくリアルタイムで戦闘を具現し,多様な方式で戦えるように自由度を保障してくれた作品でした。 

そのおかげで,独特なゲームとして有名になり,海外のゲーマーから関心の対象になり、2015年までにシリーズ1の販売量は約282万枚,Prepare to Die エディションの販売量約276万枚を取る気炎を吐きました。

https://post-phinf.pstatic.net/MjAxODA1MThfMjI3/MDAxNTI2NTgyODQzOTg5.uRuAHsCyfR8s38-ZBEbV-YuuphvS33HBoLFyN4qqndgg.BGiBr3focU8zqBcvUhQMbxiJkwv-VaWXFDkYbf-Sn2Ug.JPEG/01.jpg?type=w1200

そして昨年2018年05月24日名作に認められたDark Souls(ダークソウル)がさらに解像度をアップされたDark Souls Remaster(ダークソウルリマスト)発売されました。

『ゲームストーリー2につづく・・・』

 

この記事をシェアする