Staff BlogIchikawa

『お金で買えないもの』

2018/10/31

149 1

マイケル·サンデルは"正義とは何か"という本で,"正義"に対する基準を見直すことにした。 最大多数の幸福を追求する公理主義的な立場,選択の自由を尊重する自由主義の立場,共同の善を志向する立場など重要でないものはない。 そして,自身は共同善を追求する立場を支持すると明らかにした。

"は成長を主導してきた市場至上主義を見直し,人間がなぜ共同善を追求しなければならないのかについての合理的な結論を導き出す。

すべての仕事の優先順位は,個人がどれに価値を置くかによって変わる。
もし,効率性だけを重要に考えるなら,人間の仕事を機械で対処する日も,あまり残っていない。
一度"市場的価値"に分類されたものは,再び非市場的価値である本来の目的を取り戻すことは難しい。4次産業革命時代を生きていく私たちに必要なのは,機械の発展に追いつく実力を育てるのではなく,ただ人間だけが追求できる価値を保存し,発展させなければならないと本を読みながら思った。

私たちは正当に行動することで正当化され,節制することで節制する人になり,勇敢に行動することで勇敢になる。

この記事をシェアする