Staff BlogIchikawa

KATSU
市川店

KATSU

望月克昌

「日々最善を尽くし変化・発展していくこと」

「ママ・パパ・子供達に楽しさ、感動、思い出を」

「スタッフに笑顔と元気を」

そして妻と娘に溺愛中

撮影

投稿日:2022/8/18

355 0

まだ独身だった頃

とりあえずがむしゃらに頑張っていた時期

会社でこれから何かするとなれば全てこなしてきたつもりです。僕の頭の中では「Yes」しかなく「No」という選択肢はありませんでした。

そして何より頑張っていたからその当時僕は、全ての事がわかっているつもりでいたのかもしれません。

昔から「お客様としっかり向き合っていくこと」「ママさんパパさんの撮影に対する思いをくみとってあげよう」などライフスタジオでは全体会議や会議を通して耳にタコができるくらい聞いてきました。

そして僕はたくさん聞いてきたからこそ自分が出来ている、ママパパの気持ちを理解していると思い込んでいました。

 

しかしいざ子供が生まれてみると思うようにいかないことが多々あります。

 

実際自分の家族をライフスタジオで撮影する際に嫁と予定を合わせたり、撮影が近づくとケガさせないようにしたり、どの服を着せようかなとか、当日は撮影終わった後ごはんどうしようかなとか。前の日に子供を早く寝かせたり、コンディションが万全の状態で迎えるために車の中で寝かせたりと色々やりますが、車で寝てくれてなくてスタジオに到着して、撮影の際にぐずってしまったり。

 

昔はママさんパパさんの気持ちを分かったつもりでしたが、本当につもりでした。

 

今はそんな家族事情が身に染みてわかるため、なるべくお客様に寄り添った提案・撮影をしていきたいと思っています。

 

毎日たくさんのお客様と出会い色んな撮影をしていきます。

色々な子供たちがいるので本当にその子達が楽しんでもらえるように最善を尽くし撮影に取り組んでいます。

 

中には何しても全然どうにもならないときがあります。

そんなときは安心してください。

 

ママさんパパさん子供たちに寄り添いライフスタジオでの撮影が良い思い出となってほしいという気持ちを第一にしているため様々なご提案をいたします。

この記事をシェアする