MVP店舗MVP Studio

【2021年7月8月】 LIFE AWARD受賞店舗一覧

投稿日:2021/10/4     更新日:2021/10/4

1235 0

今回のphotostudy部門を受賞したのはライフスタジオ横浜青葉店です。

青葉店ではお客様によりよい写真を提供できるようになるため、現在若手3名のカメラマン教育をして日々練習に励んでいます。カメラマンになるためにはたくさんの練習と試練を乗り越えなければいけませんが、その陰には練習や教育を積極的に行ってくれる先輩たちの姿があります。その先輩たちの実践する教育カリキュラムがとてもわかりやすく整理されているということで今回の受賞となりました。新しいカメラマンの誕生が待ち遠しい横浜青葉店です。


今回の環境、業務改善部門の受賞は新百合ヶ丘店です。

お客様により喜んで頂くためのお店作りには終わりがありません。毎日改善を重ねていきながらよりより良い店作りを目指しています。ライフスタジオ新百合ヶ丘店ではお客様がより安心して店舗をご利用して頂けるように、高性能空気清浄機やマスクケース、消毒液などを設置しました。 そして内装インテリアの改善も行ったり、お客様から関心度が高いコーディネートページも毎月新しい衣装で更新をしております。ハーフ成人式用のコーディネートも着々と準備中ですので、今後も様々な年齢層で撮影を楽しんで頂けるようになります。


お客様に「店舗の魅力をもっと感じて頂きたい!もっと快適に過ごして頂きたい!」という思いからライフスタジオ市川店では様々な施策が行われました。 

約4か月間で60着近くのコーディのサンプルを作成してお客様に紹介したり、モニータ室の改善を通してよりお客様が快適に過ごせる空間を完成しました。 常に店舗の清潔感にも気を配り、いつも全力でお客様に対応するところからCS(顧客満足度)部門の受賞となりました。 


今回、ライフアワード学習部門の受賞はライフスタジオ所沢店です。

普段から人として、社会人として根幹となる哲学をベースにした根強い学習文化を持っている所沢店!そんな所沢店に新しいスタイルの教育プログラムが登場し、話題となりました。その名も「守屋の脳内」!長年、撮影を全体的に支えているコーディネーターとして、そしてここ最近からはカメラマンとしても大活躍している守屋先輩が蓄積した経験・技術をアウトプットし、店舗スタッフの「技術・意識向上」のために開いた現場密着型塾です。

第1回目のテーマは「CS(顧客満足)のための判断基準」について。そして、もう一つは「守屋流コーディ時間節約術でした。タイトルを聞いただけで参加意欲をそそるテーマに思わず飛び込み参加したくなります!今後も続く「熱烈!守屋塾」にぜひご注目下さい。


今回チームワークを受賞したのは、南の果てライフスタジオ下関店です。

下関店は二人でやっている店、ではありません。2021年7月、オープン6周年を迎え新しくリニューアルオープンした下関店。温盛溢れる場所を離れ、新しい場所へ移ることは相当なエネルギーが必要なもの。ですが、ここは心配ご無用!なんと、最強&たくさんの助っ人に支えられ無事に移転することが出来ました。

2014年は新婚ホヤホヤでレンガの壁を作ってくれた幼馴染の夫婦は、2021年、スタジオの解体もお手伝いに!そして、コロナ対策をしながら全国各地で集まってくれたライフスタジオの仲間たち。毎週貴重なお休みがあるたびにペンキ掃除芝生大掃除を大人数で手伝ってくれたご近所のカフェの皆さん。庭の雑草抜きや土壁崩しを手伝ってくれたご親戚の方や差し入れをもってきてくれた同級生の方、庭師の免許取って「練習もかねて行くよ~」と言ってくれたお客さん等々。本当に書ききれないほどたくさんの方々から手助け、そして、同じく載せきれないほどの方々から暖かい応援のメッセージとお祝いの品を頂いたそうです。もちろんこれは一日二日の出来事ではありません。今まで下関店のお二人が築いてきた関係性の結果だと思います。みんなからもらった想いを大切に、これからも人と、町と、地域と共に歩みゆく下関店であって欲しいと思います。おめでとうございます。


ライフスタジオ湘南店は今年で10周年を迎えました!

例年江ノ島の海でパーティーを開いたり、お客様とBBQイベントを開催していますが、今年はコロナ禍ということでオンラインで開催されました。そして、バースデーフォトご利用のお客様に素敵なプレゼントとして、スタッフと地域に繋がりがある「社会福祉法人 覆育会」に商品の依頼をして、バースデーギフト製作中です。お客様の事はもちろん、地域社会との繋がりも大切に活動している湘南店が今回のCSR部門の受賞となりました。 


今回のGood jobはマーケティング部門で活躍したライフスタジオ仙台店です。

仙台店では、地元密着をテーマに近隣の美容室とのコラボや、ショッピングモールの特性を活かして撮影したお客様の写真を飾るなど、すでに撮影を終えたお客様とも交流を続けています。マーケティングと聞くと営業的な側面がクローズアップされがちですが、仙台店は人と人のつながりを大切にできるような取り組みを実践しています。周りを暖かい気持ちにしてくれる、そんな仙台店の今後も期待大です。


この記事をシェアする