MVP店舗MVP Studio

【MVP店舗】下関店

2019/7/1

960 2

ライフスタジオ今月のMVP店舗をご紹介致します‼


子供写真館を超え、人生の写真館へ。
お客様の人生も、スタッフの人生も豊かにするための日々の取り組み。
赤ちゃんから大人まで写真で人々を幸せにする写真館。
ライフスタジオのビジョンを元に今月最も輝いていた店舗を紹介します。



今月のMVP店舗はライフスタジオ最南端の店舗、【ライフスタジオ下関店】です!


オープンをして4年目を迎えた下関店。自分たちの写真とは何か、写真で世の中にどう在りたいのか、本当の繋がりとは何か、地域とどう結びついていきたいのかなど、常に自分たちの在り方を考えながら自分達らしく誠実に歩んでいる下関店!

彼女たちの考え方の根底には「人々と繋がりを感じる中で喜びを実感してもらいたい」、「共に楽しみたい」、そしてそれを「社会に伝えていきたいという想い」が強くあるように感じます。一家族一家族との思い出を大切に記録しながら、一緒に成長していく時間をかみしめながら歩んでいる姿は毎月の報告書からも、日々の取り組みからも見受けられます。

時には卒業式にも顔を出したり、はるばる家族のために関東まで飛んできたり、仲の良いFamilyとの温泉やお泊り会、そして2人が企画して取り組む地域とたくさんの家族を巻き込んだ大イベントまで。そのバイタリティーはきっと喜ぶ家族の笑顔、地域の人たちの笑顔から常に沸いているのだと思います。下関店の取り組みや報告書、日々の撮影からは相手を通して、自分たちの生き方を見つめている姿勢が感じられます。

ライフスタジオ最南端の山口県下関店で元気満点の2人の取り組みをご紹介します。



下関店が定義する写真館は「大切な人と過ごす場所」であり、「誰と生きてきたかを実感できること」です。この下関店がオープンした時からずっと変わらずに、彼女たちの胸にあります。

その想いは「ただ写真を撮りたい人が来る」、それだけでなく「今まで撮ろうと思わなかったけどここでな ら撮ろうと思った」という出会いにも繋がっており、「なんで写真を撮るのか」をお互いに考えられる関係のはじまりにもなり、写真としての価値や人生の意味について考えはじめるきっかけにもなってきたように思います。だからこそわたしたちもただ写真を撮っているわけではなく、その人、その家族にとって、写真館という存在を通して 人生を繋げていけるような写真でありたいという気持ちを持って、どのような写真を撮るのか、そしてどのような場所であり続けるのか、常に議論を重ねながら二人で気持ちを持続させながら日々を過ごしています。

2人の想いが合われているコチラの写真分析もぜひお読みください。


https://www.lifestudio.jp/community/photogenic/shimonoseki/166240
※こちらの写真と文章は2019年4月のライフスタジオのPhotogenicに選ばれました!

 



下関店では自分達の写真とは何か、一番伝えたいことを1年間かけて準備し、毎年同じ場所で、下関店がオープンしたのと同じ日に写真展を開催しています。毎年テーマを決めて行っており、今回の写真展のテーマは【WHAT IS MY STYLE?自分として生きること】でした。自分たちが伝えたい写真に込めた想いを、社会に伝えるために、その人に伝えるために、毎年準備を重ねては、同じこの場所で写真展を開催しています。

1年目のテーマは「感謝」
まだまだ駆け出しのスタジオに来てくださったお客様へ感謝を込めて、掲載可能なお客様全ての写真を壁いっぱいに飾りスタートした写真展。スタジオの雰囲気を伝えられるように、と様々な写真を展示しながら、
2年目は「家族」3年目には「人」と、かなりテーマも展示も絞り、わたしたちの想いや考えを文章としてまとめ写真と共に伝えることを行いました。
1年、2年、3年。1年に1度の写真展はわたしたち自身の確認にもなり、スタートとなります。

4周年の今回のテーマもすでに1年前から決めて、1年を通して準備を行いました。

【WHAT IS MY STYLE?】

オープン当初からスタジオのどこかに隠れている文字でもあり、ずっと突き詰めていきたいもの。

あなた、ではなく、わたしの。
わたしとしてのスタイルは何か。
比べようもない、ただ自分としての生き方を。


写真展の様子も是非コチラからもご覧ください!

下関店4周年写真展 2019.3.1~3.10

 

下関店のこだわりとも言える徹底的な美化管理。潔癖症でもある二人、誰でも気持ちよく過ごせる場所としてスタジオを美しく保つために基準を決めて取り組んでいます。しっかりと世の中の流れを見つつ、衣装や小物を定期的に見直し、ベースは掃除を行うこと、それが下関店のこだわりです。

自店舗だけでなく、自分たちの訪れた店舗では必ずと言っていいほど、掃除をします!「どこにいっても掃除お姉さん」、ピカピカに磨き上げられた店舗はきれいで気持ちが良いこと間違いなしです。写真だけでなくきちんとした環境、最高の環境で迎えたい気持ちの表れが、彼女たちのこだわりに詰まっています。お掃除や手入れ、ちょっとした小物や衣装の新調を定期的に管理し行っていくことで、常に新しい空気の流れる空間を作っています。

 

 


人とのつながりをとても大切に考えている2人。下関店がオープンした当初から継続して続けていることがいくつかあります。その1つが【家族との思い出や自分たちの想いをすべて記録して残していくこと】、2つ目が【自分たちが考えている写真の在り方、自分たちが写真を撮っている理由を表していく写真展の開催】、そして3つ目が【地域とたくさんの家族と一緒に最高に楽しい1日を送るウシロック】です!

ウシロックの本質は、「また明日も頑張るぞ!エイエイオー!」。人生いろいろ、大変なことも厄介なことも、楽しいと思えることもあれば撃沈も。それでも写真館のおばはんず(自称)と、そこに集まるみんなと、みんなでごちゃまぜで楽しんで、また明日に向かって良ければいい!との思いから5月病になりそうな5月に全力で楽しむために開催しているお祭りのような大きなイベントです。(2人で企画し、準備しながら行っています。地域の人の支えやご家族の手伝いもありながら…)毎年ビーチを前にして行われる、このウシロックを楽しみにしている家族も多いです!




ビーチで、みんなで楽しいんだ後には、クリーン大作戦。きれいにみんなで掃除をして、終わります。大好きな下関の自然に感謝の気持ちを込めて….


ぜひ下関のOur Storyの記事もご覧ください^^

★USHIROCK2019★

 

地域やたくさんの家族と結びつきながら、楽しさと思い出を共有している下関店。たった2人の力でここまでたくさんの人の心に残る活動をしているのは、本当に素晴らしいことだと思います。

「なぜできるのか?」「なぜ人々が集まってくるのか?」
それは2人が一番大切にしているだからではないでしょうか。人とのつながりを大切にし、共に楽しみたいという想いが何よりも根底にあるからではないでしょうか。そこから生まれるイベントや取り組みを通して、周りの人々も共に楽しむ喜びを感じ、1人また1人と人々が集まってくるのだと思います。たくさんの準備もあったと思いますが、みんなの笑顔を見るために、その過程も楽しみながら行っていく二人に大きな拍手を送りたいです。MVPの受賞おめでとうございます。

下関だけでなく、日本列島にその輪を…
最強のふたり。その絆にも大きな拍手です。

<下関店のHP>
<下関店のInstagram>

 

記事: Sonoka

この記事をシェアする