MVP店舗MVP Studio

【MVP店舗】 下関店

2018/8/2

869 1


ライフスタジオ下関店より

ライフスタジオでは一番小さな規模の下関店ですが、着実に「人生の写真館」としての必要性や、やるべきことを日々実感しています。わたしたちは写真を撮るためだけにカメラを握っているのではなく、人と人の関係、町や社会の在り方、そして時代の変化を感じながら、カメラを通して、そしてカメラを通さずして、写真館だからこそ、そして人としてできることは何か考えています。目だけではなく、体すべてで感じること、心で感じること、そして考え動くことを忘れずに。

feel your LIFE.

生まれてきてよかったと思える世界になるように、小さなことからやっていくだけです。

ライフスタジオの「人生の写真館」には様々な意味が込められています。下関店の2人のメッセジーのように人と人の関係、社会での写真館のあり方、私達の存在意義など、人生と関わる全てに対して誠実に向き合っていくことを大切にしています。この理想の理念を着実に現実化している店舗が「ライフスタジオ 下関店」です。写真においては、「こども写真館ではない、人生の写真館」というスローガンで、お客様の大切な人生を残していく使命感を持って、毎回新しいテーマやコンセプトを決めて子供から大人まで誠実に撮影を行っています。特に「顧客満足、顧客感動」や「CSR」については、他のスタジオは真似できないほどの驚きの活動を見せてくれました!

お客様との深い関係を築いている下関店。特に5月はスタジオを飛び出し、行った一年の一回の「ウシロック」はお客様に対するあるべき私たちの姿や考え方を見せてくれた代表的なイベントでした。お客様とスタッフの関係を超え、食べて、遊んで、笑って、生きている今の瞬間を一緒に感じること。そのマインドに魅かれて集まった93という参加人数が今まで積み重なってきた二人の努力の証です。

ライフスタジオのスタッフも、出会った沢山の家族も、友達も、知り合いの人も、「ライフスタジオ下関店」に来たことがある人、すべてをひっくるめて2人はチームであると考えています。「同じ空の下、同じ釜のピザを食べて、またお互いを知り、再会を望み合う。何だかシンプルに、それでいいと思います。写真館なのに?!とか、営業入れれる祝日なのに?!とか、なんでんなことまでやるわけ?!」という疑問もあるかもしれません。でも・・・・別にマーケティングでも、話題作りでもない。生きているなら、一緒に感じることを。」という言葉を2人は残していました。

 

年に一度下関店主催で行われるウシロック‼

<下関店より>


 

 

「カメラも写真もなにもかも置いといて、スタジオから飛び出して、体全部使って手放しで思いっきり遊べる日が欲しい!」ということで、当日カメラマンはわたしたちではなくいつもとは反対に、お父さんお母さんやこどもたちが担当してくれてます♪「海でピザが食べたい!」JAMのcheesepizza聞いてて、あ、ピザ‼となったのがはじまりとなりました。「いつの日か、海辺で音楽を聴いてみんなで小踊りしたい!」フジロックの規模は無理でも、おとなもこどもみんなでノリノリを実現したいなぁ。「下関の綺麗でおだやかな海を知って欲しい。」おばあちゃんが大好きだった海をこれからも綺麗に守るために。無条件に平和な1日を。そんなことがきっかけでウシロックははじまりました。

ビーチクリーンを積極的に開催してくれ協力してくれた、うしろはま海水浴場とボランティアのみなさん、無農薬のお野菜たっぷりのおいしいピザや豚汁などを作ってくださるおうち里山さん、そしてウシロックのお手伝いをはりきってやってくれる友人、後輩、そしてスタジオのお客様でもある大学生のなっちゃんたちの協力のおかげさまで、第2回のウシロックも楽しく無事に開催されました!ふたりだけじゃ、こんなにできません!大感謝!今回のUSHIROCKは93名が集結しました。

また来年も、美しい海で一緒に遊びましょうの気持ちをこめて、浜辺の掃除を行っています。ライフスタジオ下関店という唯一の共通点があるだけで、はじめましての人同士もよく話をして仲良くなっていて嬉しい時間でした。


 

ウシロック後には参加した沢山の人々からメッセージが届きました。
大人も子供も関係なく、みんながその場を心から楽しんだ様子がそのメッセージ一つ一つから伝わってきました。

 

市民主体であり市民参加型としては下関市内で一番大きなOneday Picnic(ワンピク)というイベントに少しでも貢献したいと考え、イベントの全体的な記録撮影係としてボランティア参加しました。ワンピクとは老若男女が集まり、1日限りの野外ピクニックです。スタジオのお客様だけではなく、常に地域と繋がって何かしらの形で還元しようとする姿勢はいつも模範になっています。

ワンピクを開催するにあたって出展者が協力して準備も開催も行う珍しい地域の企画イベントでもあります。下関店はそこにも参加をして、準備から地域の人と共に行ってきました。去年はライフスタジオ下関店として野外撮影ブースを出展しましたが、今回はワンピクの全体的な記録撮影係としてボランティア参加しました。

<下関店より>

下関にこんなに一生懸命な人がいるのだ、ということも、下関にこんなにみんなが楽しそうにしているイベントがあるんだということも、知ってるようで伝わっていない部分もあると思うので、そういうことが伝わるように写真で切り取りながら、それぞれの『良さ』と呼べるパワーをもっと下関という地域の中で還元していくためにはどうすればいいかを考える時間にもなりました。

パワーと言えば・・・巨大なlive習字で「波動」という文字を書いた先生がいたのですが、「今はAI技術も進歩して機械がなんでもできるような時代になりました。それでも、やっぱり人の手から、人から、伝わるパワー、波動ってものすごい力があると思うんです。」そう言っている姿がワンピクの中であって、このイベントは『人のパワー』が現れる日であるのだと、そう実感しました。

 

下関店の日々の活動や日常はFacebookからもご覧いただけます!
https://www.facebook.com/shimonoseki.lifestudio

 

もっともっと知りたい方はぜひ直接下関店をご訪問下さい!^^
下関店のHPはこちらから!

 

 

この記事をシェアする