コラムColumn

子ども写真スタジオで入園・入学・卒園・卒業記念の写真を残したい方におすすめの人気写真

2018/12/28

559 0

お子様の成長の節目に写真スタジオを訪ねる風習は昔から大切にされています。最近ではご入園・ご入学・ご卒園・ご卒業など学校行事の節目にも写真撮影を通じてお子様の成長を記録する文化があります。では、実際に写真スタジオではどんな写真が人気なのかシチュエーションに合わせて紹介させて頂きます。

・園服写真(ソロ写真・兄弟写真・家族写真)

・ランドセル写真(ソロ写真・兄弟写真・家族写真)

・学生服写真(ソロ写真・兄弟写真・家族写真)

・番外編で習いごと部活写真etc

そもそもご入園・ご入学・ご卒園・ご卒業の時期はなぜ春なのか?


出会いと別れの季節は新緑の芽や桜が咲く3月・4月が定番です。ですが、これは日本独自の文化なのを皆さんご存知でしょうか。歴史としては、江戸時代に学校教育の始まりである寺子屋や私塾などこの当時は特に時期を定めずいつでも入学することが出来ました。明治時代になると西洋文化の導入で9月入学が主流となりました。その後、明治時代になると政府の会計年度が3月4月となりそれに合わせて小学校で4月入学が推奨されるようになりました。やがてそれが全国へ広まり今の文化が定着してきました。世界では夏休み明けの9月から新学期がスタートする国が多いですが日本人の肌には桜の季節に訪れる新しい門出が馴染みます。

スタジオ撮影で人気な入園・入学・卒園・卒業記念おすすめ写真

1.園服写真


幼稚園や保育園の入園をきっかけにお子様は新しい環境の中で先生やお友達と沢山遊び個性を伸ばしていきながら協調性なども学んでいきます。新しい生活が始まりお子様の成長が一段と感じやすくなる時期です。スタジオ撮影ではお子様のハツラツとした瞬間や園服やスモックなどを身にまとった初々しさを切り取っていきます。

2.ランドセル写真


大きなランドセルを背負い自分の足で登校していく姿は自立の第一歩です。ワクワクした気持ちで入学式を迎え新しいお友達が増えていきます。日々成長していく姿はたくましいです。スタジオ撮影ではランドセルを背負った姿や登校しているようなイメージが湧きやすいストーリー性のある写真を切り取っていきます。

お父さんお母さんもフォーマルなお洋服を準備して頂き入学式や卒業式のときの様な雰囲気で撮影をするのもおすすめです。その場合大人の方のお洋服はお持込をお願いしているスタジオが殆どなので予約したスタジオに一度確認してみてください。

3.制服写真


憧れていた制服に袖を通しながらワクワクした気持ちで新生活を始める学生さん。この時期の3年間は身長が急激に伸びたり顔立ちの変化なども多いです。スタジオ撮影では入学時期の少し大きめな制服を身にまとった真新しい姿の入学式の記念で撮影する事が出来ます。また、卒業式の節目には3年間着古して愛着のわいた制服と共に最後の思い出を残す写真もおすすめしています。

4.部活や習い事の写真(番外編)


子どものころの思い出は色々な角度から残すことによって振り返る思い出は色濃く残ります。例えば、今通っている習い事のアイテムや衣装を持ち込んで撮影したり部活動で活躍しているアイテムやユニフォームなどを持ち込んで頂きその時期お子様が何に熱中していたのかを写真で残すのもおすすめです。

もしかしたら将来の夢に繋がるきっかけになるかもしれません。小さい頃の思い出は是非写真で記録しておくことをおすすめします。

子ども写真スタジオで入園・入学・卒園・卒業記念の写真を残したい方におすすめの人気写真|まとめ


赤ちゃんから子どもへ、子どもから少年少女へ、成長の過程はいつまでも続きますが少しづつ親元を離れ自立していく姿は小さい頃の思い出と違ってまた頼もしい成長です。写真スタジオへ行く理由が七五三撮影までと区切らず、更に成長していくお子様の姿を色々な場面で見守りながら今しか撮れない写真を残すことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連するキーワード

写真スタジオ情報

この記事をシェアする