店舗フォトジェニック集Photogenic

【1枚を考える】

投稿日:2022/1/3     更新日:2022/1/7

150 0

①「自分が思う良い写真の条件」

私が思う良い写真の条件は「バランスが良い」ことが重要です。

 

②「バランスとはなにか?」

バランスとは他の言葉で置き換えると「均衡」です。

簡単に例えると、1枚の食パンを2人で分け合う時、ちぎった大きさが「同じ」であると気持ちがいい。のような感じです。つまり、二つ以上の物が平均を保つことがバランスが良いと私は思います。

 

③「この写真がなぜバランスよく見えるのか?」

この写真には、いくつかの要素が含まれています。

 

❶光

反対側から差し込んだ自然光が窓枠によって、作られた光と影の形が均等に作られていてバランスが良いです。

 

❷被写体の位置

上の光の形も見せた表現がしたくて、三分割構図で右上に寄せました。

静かなイメージにしたかったので、フレームの全体に被写体を配置するのではなく、フレームの1割ぐらいに配置をしました。

 

❸衣装、小物

女性らしさや華奢な雰囲気を出すため、撮影は白いドレスのとき、手には一輪の白い華を合わせました。

 

❹ポージング

座らせた体勢は、被写体の高さを光の高さに合わせるためです。

また足をクロスさせたのは、落ち着きのある楽な姿勢をしてもらい、女の子のイメージを表現しています。

 

❺構図

●バランスの良い光を3分の2くらい多めに映し、被写体を端に置く【三分割構図】

●床と壁の接地面で変わる光の形をシンプルに【二分割構図】

 

上記5つがこの写真のバランスの良さを映し出すためのポイントです。

バランスとは写真の技術的な話だけではありません。

1枚の写真を見た時に自分もそして相手の二人以上の人が「バランスが良い感じるとき」=「きれいな写真だね」と言われた瞬間に本当の意味でバランスが良い写真だといえるのだと思います。


Photo by :uma

written by :uma

Coordinate :king

この記事をシェアする