店舗フォトジェニック集Photogenic

希望の波紋

2020/7/26

387 0

LIFESTUDIO TOKOROZAWA

 

Photo:Volvo

Codi:Sheena

 

 

ここ近年、十歳を一つの節目として祝う「ハーフ成人式」という風習が新たな日本の文化として定着しつつあります。

祝い方は地域やご家庭によって異なるのですが、学校行事として執り行われたり、袴姿を写真に残す人が増えています。

 

七五三を過ぎると二十歳の成人式まで、その子自身にフォーカスした写真を撮る機会がなかなか無いので、十歳の姿を改めて写真に残すというのはすごく良い機会だと思いました。

よく、ハーフ成人式の記念撮影に来て下さるママさんたちと一緒になって「私たちの時代にもハーフ成人式があったら良かったのにね〜」と羨ましがっています(*´`*)

 

十歳って案外人生の節目となる年齢だと思うんです。

急に勉強が難しくなったり、学校行事で子どもたちだけで話し合い、自主的に行動していくグループワーク等も増えていきます。

自分の事を客観的に見れるようになってきて、それによる悩みもでてきたりして、幼少期に比べて少し繊細になってきますよね。

身体も第二次性徴期に入り、特に女の子は初潮を迎える子もちらほら出て来たりして、身も心も大人になりはじめる年齢かなと思います。

 

思春期ならではの自身の繊細さに苦悩しながらも、未来に希望を感じ大人になることが楽しみで仕方なかった、、、そういえば私にもそんな子供時代がありました。

この写真は、忘れかけていたそんな気持ちを思い出させてくれました。

 

この写真の撮影時、私はコーディネーターとしてご一緒させていただいたのですが、彼女の魅せる表情や雰囲気は希望に満ちていて、すっごく輝いていたんです。

なんだか楽しそうにしてくれるので、私までわくわくした気持ちになった事をよく覚えています。

何にでもなれるし、何でもできるし、望めば何処にでも行ける、、、夢中になって前へ前へと成長していく、、そんな感じのわくわく感です。

この子はただそこにいるだけで、生きる楽しさみたいなものを波紋のように人へと広げて伝線させる事ができる子なのかなと思いました。

そこが非常に魅力的で、きっとこれからも変わらない資質なんだろうなと感じました。

 

仕上がった写真を見た時、この子の魅力が見事に表現されいて驚きました。

嬉しい!と心から思いました。

来てくださった女の子とママさん、パパさん、

素敵なヘアメイクをしてくださった広川先生、

そしてカメラマンのvolvoさん、ありがとうございました♪

この記事をシェアする