店舗フォトジェニック集Photogenic

声を出せ!

2019/4/16

767 4

慣れるって良い事なのでしょうか。

慣れの意味を調べました。

名言もたくさんあるんですね。

恋愛は慣れたら終わるそうです。。。

マイナスなイメージが多く書かれていたのですが

私は良い事だと思ったので書きます。

 

私は固くなりやすく、表情で表現するのが苦手です。

ですのでスタジオに遊びに来てくれた緊張している親、お子様の気持ちが凄くわかります。

緊張にもいろいろあり

 

・楽しみの混ざった緊張

・不安だらけの緊張

・初めてという緊張

 

私もここ何年かで再会できるファミリーが増えてきました。

しかし初めましてのファミリーがダントツです。

こんにちは!と挨拶しお話ししながら撮影が始まる。

この流れには慣れているもののやっぱり私は初めましてに緊張します。

でも今はその緊張すら楽しめるようになってきました。

ほとんどの家族が撮影中にはスタジオに、コーディネータとカメラマンに撮影にも

慣れて楽しんでくれるからです。

ある子は床に寝ていたり

違う子は走り回って遊んだり

ちょっかい出してきたり、、、

 

私は基本緊張をほぐしてもらうためにも

体を動かしたり、声をだしてもらったりすることが多いです。

しかし、それができるのも緊張がある程度ほぐれてからの子もいます。

 

そこで私はいつもコーディネーターにとても助けられています。

関係を築いてくれてどんな子か分析をしてくれて、どう撮影進めていくか言わずともわかってくれる。

 

ここでもコーディネーターとカメラマンの慣れのお陰でもあるのかなと思います。

 

写真の子は人見知り、、、なかったです。

最初から新しいランドセル背負ってこけてみたり、

卒園証書持ってわざと顔隠して爆笑したり

最後の洋服の撮影では

こちらの望み通り大声だしながら来ていたコートをおもっっいっきり

投げてくれました。

躍動感が表現出来ました。

いつものはしゃいでる姿が残せたのではないかと思います。

やっちゃいけないことやってるときの子供たちの顔はとても良いです。

コートの高さでもこの子の勢いが伝わると思います。

全力だったんです。

撮影中何事にも!!

75cutの中には全部入れました。

こけたところ、卒園証書からひょっこり顔出してニヤニヤしてるところ。

本読んでるふりしてるときの真剣な表情。

 

全部をさらけ出してくれて、こちらも全力になる撮影でした。

 

全力で普段の姿に寄り添って全力同士がぶつかる撮影ができる環境に

私は慣れていきたいです。

 

jiyugaoka

Photo by gahee

coordinate by Fukasaka

 

この記事をシェアする