Staff BlogYoyogi

Tomiki
代々木店

竹内 とみき

こんにちは、埼玉県在住の子育てパパカメラマンです!
写真家・デザイナー・詩人、自称の肩書きは沢山あります。
大学では映像デザイン系の学部で写真の楽しさに目覚め、今日に至ります。
ブログでは子育て中のパパとして個人的なことはもちろん!みなさまにお役立ち情報もお届けしたいとおもいます!
なによりも「写真で人々を幸せに」を合言葉に楽しい時間を過ごせたらとおもっています。

今ある精一杯を

2019/11/3

98 0

人生では沢山の卒業がありますが、この卒業はその中でもなんとも愛おしいものでした。

この写真は、「ミルクが入った哺乳瓶を見するとすごくいい笑顔になる息子を撮ってください、哺乳瓶でミルクを飲むのはこれで最後なので」とのエピソードから撮った写真です。真を取り終わったあと「これで哺乳瓶卒業だね」と少し涙ぐむママの姿に息子さんへの深い愛を見ました。

卒業といえば学業の卒業ですが、小さい赤ちゃんには静かな卒業がたくさんあります。

例えばミルク卒業、離乳食卒業、万歳して眠る卒業など沢山あります。
そのどれもが愛おしく、気づかない間に過ぎ去ってしまいます。

「あれ?もうしなくなったんだ。」という事が多々あり、親としては嬉しさと共に寂しさを感じます。
それはいつの日か旅立っていく未来の子どもの姿を無意識に想像しているのかもしれません。

「あの時こんなことができたね」「こんなことが出来たね」という瞬間は刹那のごとく過ぎ去っていきます。

写真とはそのような刹那を切り取るために生み出され、その瞬間を一つの映像を持って客観的に人に伝えるか?
そのような事が写真を撮る上でのk代であり、さらにはまっすぐと見るもの情報を伝え伝える事、その役割が写真にはあると思います。

みらいの成長するあなたにその問いの思いを、まっすぐに思いを届けることが出来たらどれほど良い事でしょうか?

私はその仕事に携わることが出来て幸せに思います。

この記事をシェアする