Staff BlogYoyogi

Tomiki
代々木店

竹内 とみき

こんにちは、埼玉県在住の子育てパパカメラマンです!
写真家・デザイナー・詩人、自称の肩書きは沢山あります。
大学では映像デザイン系の学部で写真の楽しさに目覚め、今日に至ります。
ブログでは子育て中のパパとして個人的なことはもちろん!みなさまにお役立ち情報もお届けしたいとおもいます!
なによりも「写真で人々を幸せに」を合言葉に楽しい時間を過ごせたらとおもっています。

夏のマジック

2019/8/10

191 0

夏が近づくと今でも少年の頃の思い出がよみがえります。

山奥の緑が茂る川で泳ぎ釣りをしたり、採った魚を焼いて食べたり。「あの頃に帰りたいな」と思うほど美しく強烈に心に残る季節が夏という季節ではないでしょうか?

 

夏の日差し・照り付ける太陽は写真に鮮やかさといきいきとした生命力を与えます。

特に夏の日差しはコントラストが高くなり、カメラのオートの設定に任せ撮るだけでも比較的良いと思えるような写真が撮れてしまいます。私はそれを夏のマジックと呼んでいます。夏は子どもの写真を撮るには最高の時期です。

上記の内容は裏を介せば、スナップ撮影でもそれなりの写真が撮れてしまうので自分自身の技術的力量が分からなくなり、なんとなくの写真が完成してしまいます。「なんだかいい写真撮れちゃった」みたいな感じに、しかしそれは決して季節の要因として考えてみれば悪い事ではありません。現に私の知人もカメラマンとしては素人ですがロケーションや季節的条件を写真に付与して素晴らしい写真を撮り多くの人々を喜ばせます。

実際に私も「なんだかいい写真撮れちゃった」と感じる状況は私自身にもあります。夏のマジックとでもいえばいいのでしょうか?しかしやはり良い写真を撮るためには工夫が必要です。どのような工夫なのか?と言えば撮影の種類にもよりますが、大宮店の庭で一番重視されるスパイス的要素は“全力で楽しむ”ということだと私は思っております。

広い庭で解放される子どもたち無心に走り回る… しかしただ自由に遊び回るだけでは写真は撮れないので工夫が必要となります。

『水遊び』が大宮店での撮影の工夫となっています。夏となればプールや海・川、水に関する遊びが一年の中でも一番楽しめる季節だと思います。子どもたちも水を「バシャ」っとかければ笑顔になります。この写真も夏の暑さに負けないような笑顔が印象的です。

そして最後に何よりも良い写真を撮る事と合わせて、なによりもこの場この瞬間が良い思い出になるようにと考えています。

水遊びも含め、楽しい思い出を作れるようにピクニック・ひまわり畑などをご準備しております。

この記事をシェアする