Staff BlogYoyogi

Tomiki
代々木店

竹内 とみき

こんにちは、埼玉県在住の子育てパパカメラマンです!
写真家・デザイナー・詩人、自称の肩書きは沢山あります。
大学では映像デザイン系の学部で写真の楽しさに目覚め、今日に至ります。
ブログでは子育て中のパパとして個人的なことはもちろん!みなさまにお役立ち情報もお届けしたいとおもいます!
なによりも「写真で人々を幸せに」を合言葉に楽しい時間を過ごせたらとおもっています。

心を通わせるためには

2019/7/1

280 0

約1時間の撮影

ライフスタジオにお越しになるご家族もそうだと思いますが、私達も緊張と期待のなかで撮影に挑みます。

どのよう出会いがあるのか。

毎日がそのような意味で新鮮でありとても素晴らしくあります。

 

私達は写真館としての使命があります。

それは家族の思い出を美しく残すこと、家族の今を残すこと。

写真を取るからにはやはり被写体と向き合わなければいけません。

人と人が向き合うためにはコミュニケーションが必要になります。

撮影をしながらコミュニケーションを取ることは中々難しいことです、逆に被写体を緊張させてしまうこともあります。

そのために被写体と向き合うために「遊ぶ」ということを通して私達は被写体と心を通わせます。

クイズをしたりボールを転がしたり、かくれんぼをしたり。

誰もが遊ぶことを通していつの間にか心を通わせる用になります。

それは大人も子供も一緒です。

ライフスタジオの空有感はそのような意味で完成されています。

構造物が様々な形で存在し、様々なインテリアにいろんなイメージやストーリをのせ遊びの構成要素としていく。

子どもたちが遊びたくなり、その姿を見て大人たちも自然と心が遊ぶようになるのです。

私は毎日考えます今日はどんなことをして遊ぼうか。

そのような毎日は幸せであります。

 

 

この記事をシェアする