Staff BlogYoyogi

pon
代々木店

佐藤尚孝

ポンちゃんです。
植物好きです。
一緒に楽しい撮影をしましょう!

たたずまい。

2019/9/5

248 0

YOYOGI Photo 
 
Photo by Pon

Coordinator by Saya Nukui

Written by Pon


 

 日々赤ちゃんと接していて「かわいい」とそう思う瞬間は、多々ある。

しかし、その瞬間の一つ一つのかわいさにはきっと理由があって、それらが赤ちゃんを「かわいい」と思わせるのだろう。

表情の可愛さ、仕草の可愛さ、言動の可愛さ…etc。

赤ちゃんだからかわいい。それは安易な表現だとかつての自分に言い聞かせたい(笑)

きっと世の親御さんは「うちの子はここがかわいい!」なんて思える言わば「かわいいポイント」があるのだろう。

 写真の彼の場合はどうだろう?

 僕から見た写真の彼の可愛さは、座っている様だと思った。

彼の落ち着く座る姿勢は、正座に近いこの姿勢。

気がつけばムチムチの足を曲げて小さな足先を見せている。

また、横から見た時の愛情と栄養が詰まったぽっこりお腹。

ぷっくりとしたほっぺ。

小さな指でおもちゃを持つ手。

ハンコ注射の痕。

遊びに集中するがゆえに生まれた背中の丸みを帯びたシルエット。

遊びに集中する横顔。

柔らかな白い肌。

生えはじめのふわふわとした髪の毛。

とにかくかわいいのである。

いや、これら要素が構成されているがゆえ「彼の座っている様はかわいい」のである。

 そんな彼に付随した背景は、代々木店にあるパステルカラーのクッションと木馬。

柔らかな色味のクッションは柔らかな印象の丸い体の彼とイメージリンクした。

木馬は、彼のそばに置かれたおもちゃとリンクし遊びの場であることを表現している。

背景の柔らかなボケ具合は標準レンズを使用し、f3.2の被写界深度と被写体と背景との距離感が生み出した産物だ。

偶然にも木馬の頭の向きと彼の顔の向く方向が一緒なのも収まりがよかった。

 まだまだ赤ちゃんのかわいいを表現するためには、「かわいいポイント研究家」として追求が必要になりそうだ。

 

 

この記事をシェアする