Staff BlogYoyogi

Chika Maruyama
代々木店

丸山知香

普段は大宮店にいたり、代々木店にいたりする、マルちゃんこと、丸山です。
以前は映像系のカメラの勉強をし、某テレビ局に勤めておりました。
が……写真の魅力にひかれ、ライフスタジオにやってきました^^
小学校からソフトボールをやっていたので、体を動かすことが好きです!撮影でもたくさん、体を動かしましょう!笑


私の写真でたくさんの人に笑顔が届けられますように…

memories No.37 ただ楽しいと思えること。

2019/9/1

172 3

STUDIO OMIYA

Photo by Uedaさん

Coordi & Write Maru


記憶に残る写真、

音や声が聞こえて来そうな写真、

感じる写真、

こんな1枚を撮りたいと思う写真、

色々ある。

 

その全部がこの写真には含まれていると思った。

この写真が好きだと。


 

ただ、みんなが「楽しかった」と思える撮影がしたい。

それが、カメラマンとしてでも、コーディネーターとしてでも。

最近思うことは、「楽しかった」と言ってもらえた時の嬉しさほど、この仕事をしていて良かったと思う瞬間はないと思う。

カメラマンとして、写真を喜んでもらえるのは、もちろんの事だが…

カメラマンとしてだけではなく、コーディネーターとしてもその撮影を楽しみたい。

自分が楽しまないと、撮影なんて楽しくならないよと、すーさんが言っていた事をこの撮影で思い出した。

 

最終枠の西日が眩しい時間。

緊張しがちの弟くんと、優しいしっかり者のお姉ちゃんを連れ庭に出た。

 

タライの中には水。

バケツの中にも水。

少し離れた所から、コーディとして入っていた私がホースで水を降り注ぐ。

 

タライの水を足でバシャバシャしたり、

バケツの水を頭からかけたり、

2人がキャーキャー言う中、私もびしょぬれになりながらホースで水を2人に向けて発射。

終始叫び声と、笑い声が途絶えない撮影。

 

そして、撮影終盤。

カメラマンの上さんが「タライの中に背中合わせになって入って座って~」の一言。

お尻をつけた2人は、冷たさに笑い、

そんな2人に私はまたしても、ホースで水を降り注ぐ。

きゃーと顔を背ける2人に、

「手を広げて、上を向いてー」と笑いながら言う上さんのスパルタな一言。

お姉ちゃんはその通り上を向いて手を広げるが、弟くんは頑張って上を向くも、冷たい水が顔にあたり、ぎゅっと目をつぶり顔を背ける。

そんな一瞬の出来事を、上さんが切り取った。

楽しかった撮影が思い出される最高の一枚。

 

撮影終わりにスタッフルームに戻り、上さんから「楽しかったね」の一言に、「楽しかったですね!」と興奮気味に答える私。

そして、帰り際、「楽しかった!また来たい!」と言ってくれた2人とパパさんママさん。

楽しかったのは、私だけじゃなかった!2人も、パパさん、ママさんも、上さんも同じ気持ちだった事に嬉しさがこみ上げた。

 

ただ、「楽しかった。」それが最高の一枚と、最高の思い出になるのだと思う。

 

よし、今日も楽しい撮影をしよう。

 

この記事をシェアする