Staff BlogYoyogi

Chika Maruyama
代々木店

丸山知香

普段は大宮店にいたり、代々木店にいたりする、マルちゃんこと、丸山です。
以前は映像系のカメラの勉強をし、某テレビ局に勤めておりました。
が……写真の魅力にひかれ、ライフスタジオにやってきました^^
小学校からソフトボールをやっていたので、体を動かすことが好きです!撮影でもたくさん、体を動かしましょう!笑


私の写真でたくさんの人に笑顔が届けられますように…

memories No.26 「やわらかい、彼女」

2019/4/1

266 0

Lifestudio Yoyogi

Write by Maru

Photo by Maru

Coordi by Ueさん


 

 

ハッキリとした顔立ちの彼女は、好きなぬいぐるみをぎゅっと抱きしめた、物腰やわらかな雰囲気の女の子。

 

まっしろい、やわらかなクッション。

まっしろい、レスのついたかわいいお洋服。

まっしろい、ふわふわのスカト。

 

あたたかい、陽だまりに包まれているような彼女は、閉じた目を開けて、クッションから顔を少し上げてフフッと笑う。

春風が彼女を起こしてくれたのか…?

それとも、小鳥のさえずりが彼女には聞こえたのか…?

彼女の周りは、ふわっとあたたかいベルをまとっているようだった。

 

 


 

彼女の物腰のやわらかさを表現する為の要素とは?

 

・やさしさを引き立たせる曲線

やわらかい、やさしい印象をえる時に必要な要素が曲線。

人は、直線を見ると緊張や、ピンと背筋が伸びる印象を受ける。しかし、今回は彼女の物腰のやわらかさを表現したかった。

そこで、やわらかいイメジを崩さないよう、まっしろいクッションの上にのってもらった。重心のかけ方によって、クッションの沈み方がわり、自然と彼女のラインが崩れ曲線が生まれる。

 

水平垂直だけが正解ではない。カメラを傾けて表現

クッションという魔法のアイテムで、彼女の曲線はやわらかく表現された。

しかし、一度、シャッタを切って、何かが引っ掛かった。何が?「やわらかさが足りない!」そこで私は、少しカメラを傾けて、シャッタをまた切った。写真を確認して、私の中でしっくりきたのだ。今までの私だったら、水平垂直を意識して、っ直ぐにその場を捕えていただろう。だがそれでは、下の部分が直線に切れてしまって、写真の中に「直線」が生まれてしまう。「直線」が生まれてしまうと、一つ前で明した、緊張を感じる写真になってしまう。私の中でひっかかていたのは、これだ!と思った。「直線」という要素を無くすため、カメラを傾ける。ここで、を付けなければならないのが、傾ける方向。彼女の曲線に合わせて、左上に傾けた。この写真の大切な要素の一つ。

 

前ボケ

やわらかさを表現する3つ目の要素。それが前ボケ。時に前ボケとは、邪魔な存在になりゆる。失敗してしまうと、これは何?と言う事も。前ボケとは、しっかりと「明」ができる時、はっきりとした「意味」がある時に入れるからこそ写真のクオリティがぐっと上がると私は思う。

私がこの時、前ボケを入れた「意味」それは「やわらかさ」を表現するため。右側から、グラデションのようにかかる前ボケは、少し重いの毛の色を調和させ、全体的に包まれるような印象をえる。前ボケが無い場合、すべてがはっきりとり、「やわらかさ」という表現と合わなくなってしまう。

 

まっ白い、衣装

彼女のやわらかい印象にぴったりの、まっ白いコディネトを提案してくださった、上さん。衣装の雰囲気を崩さないようにセレクトした飾りも彼女にぴったりでした。

白色は楚感、信感といったクリンなイメジをえる。それだけではなく、見る人に明るく感ぜられる色、抽象的なイメジだと「白」は「夢」なども連想させるそうだ。際、私もこのまっ白コディを見た時、クッションにかせ目をつぶってもらった。る=「夢」とがる。人は、無意識のうちに色から、色なイメジを連想させているのだと思った。

 

物腰やわらかな彼女の印象は、皆さんにわっただろうか?

私はカメラマンとしては、まだまだです。しかし、少しずつでも前に進めていたらならいいと思います。この写真を撮れた時、彼女のやわらかさを表現できたと感がありました。感がわく写真、自分の中で、しっくりきた写真が、お客とリンクするようにもっと1件1件を大切にしていきたいと改めて感じた撮影でした。

 

 

この記事をシェアする