PhotogenicYoyogi

こころを自由に遊ばせる

2019/6/5

421 0

STUDIO YOYOGI

Photo by Maru

Coordi by Pon

Write by Maru


いちごをまいて、

いちごをけって、

いちごをさがす。

 

あれ?あんな所に、いちごだ!!

いすの下に潜り込み、見つけたいちごに手を伸ばす。

自由に走り、自由に遊んで、楽しそう。

 

代々木店のテーマ

それは、「こころを自由に遊ばせる」


最近、「こころを自由に遊ばせる」とはどういうことだろう…?と考える。

ただ、好きなように遊んで、走り回って、それも自由だろう。けれどそれでは写真が撮れない。

写真が撮れるような、小物、光、アクションを起こす。

その中で、自由になれる空間をつくり出す。

 

この時、ちょうど2歳になった彼は、サスペンダーをした可愛らしい恰好で、斜めに水筒をかけてやってきた。

そして、スタジオに入ってきて少しの間、恥ずかしそうに…

しかし、おもちゃを見せると、気になった様子で遊びだす。

そんな姿を優しく見守る、パパさんとママさん。

 

木馬にのったり、シャボン玉を見たり、彼の心は少しずつ開き始める。

2階に上がり、ここでコーディのぽんちゃんが、いちごの鍋や色々な小物を取り出した。

筒のような中に、いちごを入れて、下からいちごが出る様子を見たら、彼も楽しそうに真似をし出したり…

そして、下から出たいちごを、ちっちゃい足でけってみたり…楽しそうにその空間で遊びだした。

 

そして、コロコロといすの下にコロがったいちごを見つけた彼は、寝っ転がって一生懸命手を伸ばす。

得意げな顔をして、いちご、ここにあったよと言っているようにチラッと見てきた。

 

「自由」とは、他からの束縛を受けず、自分の思うままにふるまえること。

 

この時彼は、ぽんちゃんによって、広い遊べる空間へ行き、夢中になれる、楽しいアイテムをもらった。

そしてその中で、「自由」彼の思うまま遊んでいた。

 

カメラを持っていると、ついつい自分の撮りたい画を求めすぎて、その子「らしさ」を置いてけぼりにしてしまう場合もある。そんな時、「こころを自由に遊ばせる」事が出来ていなかったと反省させられる。

 

被写体の事を、ただ何でもかんでも受け入れればいい、と言う事ではない。写真が撮れない状況で受け入れていてもいい写真は撮れない。

受け入れながらも、私たちのエッセンスを入れる。そんな中で、被写体のこころを自由に遊ばせられた時、本当の意味で自分達も自由になれるのだと思う。

 

この時、やはり大切なのが、コーディネーターと言う存在なのだと改めて感じた。いい瞬間に、それを一緒に良い瞬間だと思える事、それが一致しないと、いちごをコーディが優しさで捕ってしまったりする。

 

この瞬間良いな!と思う瞬間を、コーディネーターだけではなく、その空間にいた人みんなに感じて共感しあいたい。

そして私は、これからも「こころを自由に遊ばせる」と言うテーマを胸に、沢山の子供たち、家族と楽しい撮影をしていきたいと思う。

この記事をシェアする