Our StoryYoyogi

大人も子どもも楽しめるフォトスタジオ、「りんごかもしれない」特集!

2019/7/31

234 0

こんにちは、"代々木書店"です!

ライフスタジオ代々木店のモニタールームの一角にある代々木書店。そこには書店員(スタッフ)オススメ絵本を置いております。

  

代々木店内では、ヨシタケシンスケさんの『りんごかもしれない』を題材に「りんごかもしれないグランプリ」を開催しており、総数200コのりんごかもしれないをいただきました♪パパママ、お子様たちが夢中になって素敵なりんごたちが誕生させてくださいました。今回はその世界観をすべてを紹介はできないのですが、できるだけ詰め込んだ特集になります!

このりんごは「りんごじゃないたべもの」かもしれない?

ぶどうに、さくらんぼ、なし、コーヒー、団子にアイスクリーム!腐ったりんごがあったと思ったら消防車が来て、地球儀がぐるぐる回って、あっりんごかと思ったら写真だった!

 

このりんごは「あの某キャラクター?」かもしれない

みんな大好きなキャラクターに見えちゃったみたい!?こうしてみてみるとキャラクターって形が丸いから愛されているのかも!?スタジオのスタッフもりんごになっちゃってます。

 

このりんごは「あぶない」かもしれない!!

男の子って「あぶない」ものが好きなんですね。

武器を持たせたらもう止められません・・・なんでも武器に変身させてしまうんです。

 

このりんごは「いきもの」かもしれない。

ここはりんごが大躍進したカンブリアリンゴ期の世界。りんごはどんな場所でも生きていけるように環境に合わせて変化を遂げたのであった。

 

このりんごは「うちゅう」かもしれない

りんごはとうとう宇宙へ飛び出した。。。

太陽となり、惑星となり、ブラックホールになるりんごも。そこから生命体も生まれた。

 

このりんごは「ヤバい」かもしれない

もうその世界観はひとの想像をはるかに超越した。

 

ほかにも傑作りんごはたくさん!ひとそれぞれ本当に違う世界をもっていることを感じさせくれ、見方を変えれば、りんごひとつで無限に遊べるんだなーと思わされます。そして人の発想力でそこまでも世界は膨らませていけるですねー!

りんごかもしれないグランプリは終わってしまいましたが、○○かもしれないシートはご準備しておりますので、ぜひスタジオに遊びにいらした際はイラストにしてみてください♪

この記事をシェアする