Staff BlogYokohama Aoba

kaori sasaki
横浜青葉店

佐々木 郁

こんにちは!
カメラマン件コーディネーター件ヘアメイクの佐々木です^^
みんなからは、かおちゃんと呼ばれています。

入社は2012年。
今はなき横浜店が初めて勤務したライフスタジオです。
その後横浜青葉店、新横浜店、また横浜青葉店へ。
2018年5月に出産を経て、2019年4月に現場復帰。
ママとして、これからもお客様とさらに近い距離で「共感」の接客を目指したいと思います。

再会したら、一緒に写真を撮りましょう^^
そして再会までの時間、家族にどんなことがあったか話しましょう。

~ワタクシゴト~怒涛の2日間

2018/1/31

513 2

終わった。。。
怒涛の2日間が終わった。。。

昨日今日のおやすみ2日間。
重い腰を上げて決断した引っ越しにすべてを費やしました。

2016年の8月実家から今の旦那さんと同棲を始めるために借りた日吉のマンション。
働く2人の第一希望で利便性重視の日吉駅から徒歩5分。

35平米もない1DK。
中は割と綺麗でしたが築40年越えの大先輩。
5階建ての5階。
そして階段(。ω。;)
毎日はぁはぁ言いながら登りました。。。
角部屋の為2面窓。
採光にはいいのですが、窓が古すぎて冬は激寒で、どんなにエアコンで温めても裸足で歩ける室温にはなりません。

そんな良い部分と辛い部分が入り混じっていた私たちの初めてのお家。
今回私の出産、子育てを考慮して姉の家の近くのマンションに引っ越す事になりました。
いざ引っ越しが近ずくと日吉から離れるのに寂しさが。。。
もう東急で半額になったお寿司買えないなぁ。とか。
帰りにたい焼き食べながら帰れないなぁ。(食べ物のことばっか(笑))なんて思いながら、迎えた引っ越し当日。

準備も万端だったので引っ越しはスムーズでしたが、引越し事態が火曜日の15時頃からスタートだったので、実家で荷物をピックアップしてから新居に向かい自宅で荷物を降ろし終わったのは19時頃。
賃貸マンションでリビングと寝室の電気もないまま。
リビングはキッチンの電気をつけて薄暗いまま、寝室に唯一持っていたシーリングライトを取り付けて作業。
旦那さんも仕事でいないので、21時頃まで作業を一人で頑張り、夜は姉の家に夫婦で泊めてもらいました。

翌日は住めるように二人で荷ほどき、必要な物の買い物(イケアとニトリをはしご約6時間(汗)、そしてさらに荷ほどき。。。
一応暮らせるように荷ほどきが終わったのはら先程23時過ぎでした。。

バタバタと行動し過ぎて電気の肝心な部分を買い忘れたり、

途中で諦めたくなったり、とにかく怒涛の2日間でした。。。


狭い部屋にで暮らしていた2人は、気付いたらせっかく広くなったリビングの端っこの方で生活しようとしていました(笑)
まぁ、徐々に慣れていくことを期待して。
ひとまず今日はおつかれさまでした。



写真はまた住みたい日吉のマンションから見える東横線。
電車の音うるさかったなぁ。。。

この記事をシェアする