Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

星野リゾートの教科書〜読書感想〜

2019/2/17

301 0

第2部

 

1:その他大勢から抜け出す

 

・他と同じようにしてはだめ

・他を追いかけてはだめ

・どんな客でも受けれない

 

・星野さんは、その他大勢の旅館と同じく、個人、団体両方を受け入れていた旅館を個人限定にし

部屋を減らし、すべての部屋に露天風呂をつけ、高級化した。

 

・二兎を追い収益悪化

 

・ライバルに勝つ3つの要素

ーコストリーダーシップ

ー差別化

ー選択と集中

このなかから選んで徹底すべき

 

「どんなターゲットに向かって集中していくのかをまず明確に決めるそのうえで『コスト優位』にたつのか、『差別化』を徹底するのかを選び徹底する」

 

 

・他社の追随をやめ、ニッチ市場で開拓

 

コトラーの競争地位別戦略

企業は市場で4つの地位のどれかにある

リーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロアー

リーダーは市場のトップ、チャレンジャーは2番手。フォロアーも2番手だが、波風たてずに存在する

ニッチャーは大きな市場ではなく、小さな市場でトップをめざす。

 

例:トマムの旅館を再生させるために「昔スキー場にきてたけどいまは来れない」ファミリー層に集中した

例:アルツ磐梯では、リーダーだったため、同じ戦略ではなく、「需要の拡大、価格競争に陥らない、同質化(ニッチャーの出すサービスをすぐに取り入れる)」を実施した

 

 

ニッチャー戦略のコツ

1:製品を顧客ごとにカスタマイズする「注文製品専門家」

2:最高品質にこだわる「品質、価格専門家」

3:ひとつの流通チャネルのみに集中する「チャネル専門家」

 

 

 

<所感>

自分(自分の所属している会社、もしくは手がけているプロジェクト)がどのような立場かを視野を広げて

確認する必要がある。

私たちライフスタジオがこれから先もっともっと成長していきたいとすれば

市場における自分たちの立場をしっかりと把握しなければいけない。

例えば、子供写真館の市場でみれば、ライフスタジオより先頭を走る大きな会社はたくさんあるし、ハウス型スタジオ市場

に限ってみれば、実はトップかもしれないし、違うかもしれない。

 

そして、市場の動向も見なければいけない。

ハウス型スタジオ市場で何が起こっているのか・・・。

もしかしたら実は価格競争が起きていて写真のデフレ化がおきているかもしれないし

写真そのものの違いが小さくなり、顧客に選択肢を与えてしまったことにより顧客を迷わせてしまっているかもしれない。

 

私たち最近日常的に行っている様々な事は、果たして効果的な事なのだろうか。

本当にしなければいけない事を見つける事を置き去りにして、ただがむしゃらに何か作業をする日々を送っていないだろうか。

仕事とは、自分がやった事が顧客に認められて反応が返って初めて仕事として成立する。

どんなに一生懸命やったとしても、顧客から反応がなければそれは仕事ではなく作業でしかない。

 

集客するというのは、何かいやらしく聞こえるかもしれないが、人が集まるという事はそれだけ価値が伝わっているという事であり

ひとつの企業として社会的な存在価値があるという事だ。

 

「ウェブで検索されない事は、ウェブに存在しない事と同義語だ」と何かでみたが、こんな観念的な名言もビジネスにおいては

的を得ているとしか言えないし、これに反論するには材料がない。

自分が作っているウェブ上のコンテンツがもし反応が薄いと感じたなら、少しやり方を変える必要があるかもしれない。

 

 

↓↓↓ご予約はこちら↓↓↓

ライフスタジオ所沢店

〒3591145
埼玉県所沢市山口1267-1
TEL:0429292555
E-mail: tokorozawa@lifestudio.jp
営業時間:09:30~17:00
定休日:火,水

この記事をシェアする