Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

心帰る…。ライフスタジオ横浜店。

2018/11/27

414 3

ここからすべて始まった―――――。

 

この間、久しぶりにこの5人で集まった。

りかちゃん・みさと・かおちゃん・かばやさん。そして、私。

2017年はりかちゃんとみさとがきみどりカフェをオープンし、2018年はかおちゃんが母になった。

そんなこんなで忙しくてなかなか声をかける余裕もなかった頃に、グループLINEで集まろうという声がかかった。

かおちゃんの結婚&出産&誕生祝いと、かばやさんの誕生日祝い。

お祝い尽くしで、めでたい集まり。

本当は理由を付けて5人だけで集まりたかったのかもしれない。

そういえば、こうして5人だけで集まったのは久しぶりだ。

あの時のような、テンションで、あの時のように笑い、あの時のように本音をぶっちゃける。

そんな中で、今は東京に住んでいる私も横浜に住んでいた頃の自分を少しづつ取り戻していったようで、

4人には元気をもらった。

久しぶりに会っても、あの時のような関係性になれるのは、私がライフスタジオの過ごしてきた中で

一番濃い時間を共に過ごした記憶があるからか。

 

あの時とは、5年前のこと。私たちが一緒の店舗で毎日過ごしていた時のこと。

その時のことを少し思い出して、心を帰らせてみようと思う。

 

ライフスタジオ横浜店、という店舗があったのをご存じだろうか?

横浜青葉店も新横浜店も無かったあの頃。

横浜の、山手の、高い丘の上。

入り組んだ迷路みたいな道の中に、突然現れたかのように建っていたのが横浜店。

私は2012年1月に、この横浜店へ入社した。

そこで、たくさんの先輩とお客様、そしてかけがえのない仲間と出会った。

その頃の私はとても子供で、熱意と怒りが隣り合わせにあった。

未熟だった私とともに成長しようとしてくれた仲間。

それがこの5人だった。

素晴らしいお客様との時間、みんなで残ってピザを食べて、BBQも行って、海水浴にも行って、

お泊り会もして、人が人としての豊かな生活の記憶を私はここで育ませてもらった。

時には泣きながら喧嘩もしたし、すこしだけ悪いこともした。

今思えば、私は皆にたくさんのことを教えてもらっていた。

その時は、毎日一生懸命働いて、楽しくて、何があっても大丈夫だって思えてた。

泣きながらぶつかっても、戻ってこれるって思っていた。

2013年8月に横浜店が無くなって、みんなバラバラになっても、たぶんまた一緒に集まって、

きっとまた馬鹿みたいに笑っていられるって確信があった。

今は、そういう関係が貴重なんだって思う。

そういう仲間がいたことが、すごく幸せなんだと思った。

 

 

誰が何と言おうと、この5人は本当の仲間だと確信した2018年の夜。

いつか、また5人でおにぎりカフェでもやるのかな?笑

とにかく、心が帰るような夜。みんなが相変わらずいてくれることに感謝する夜。

 

別々に、だけどまたいつか一緒に。

この記事をシェアする