Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Ressentiment September 哲学的思考の夜

2018/9/29

342 1

哲学的思考の夜

 

「成長しないな。」

と思う。そんな9月。

 

「正しいこと」を志向したいと常々思う。

物事を進めるために、それだけでは成し遂げられないこともわかってくるのだが。

それでも、理不尽や正しくないことを目の当たりにすると顔をしかめてしまう癖をなんとかしなければと思う9月だった。

 

「満足した豚よりも、不満足なソクラテスであれ。」

という言葉を信じながら、では私が考える正しさの広さは本当に適正なのかと自分自身を疑うこともある。

不満を抱くことは日常で常々あれど、ある程度のことなら解消しながら生きてきたが、

「無力からくる不満」ほど質の悪いものはない。

 

「無力でありながら不満」であるという状態を打破するにはどうしたらいいのか。

ひとつは、「無力から脱すること」

賢く、信頼を得て、強くなる。これが一番シンプルかもしれない。

ふたつめは、「静観すること」

荒ぶる不満を飲み込み、いまはただ静かに物事を見守るか。

みっつめは、「自己を反省し、見直すこと」

私の見ている世界が果たしてどれほど正しいのか。なぜ、それほどまでに私は驕っているのか。

その視点を見直すことで、もう一度始めてみることができるのかもしれない。

 

ニーチェが言うにはこの「ルサンチマン」は「恨み(うらみ)、妬み(ねたみ)、嫉み(そねみ)」なのだと言う。

そして、「喜びを感じる力を弱くする」とも。

 

そう。私の喜びを感じることは、誰にも侵害されないものだ。

だから外的要因にいちいちルサンチマンを感じること自体が馬鹿らしいのかもしれない。

そして、ベンヤミンが言っていたように今ある幸せや喜びのアウラを消失させたなら、

自らの力で再び作り出そう。

 

そして、言うときはちゃんと言おう。

 

というわけで、明日は野球観戦だ。

この記事をシェアする