Staff BlogShinyokohama

Piii_chan
新横浜店

河野光里

はじめまして!!

コーディネーターのピーちゃんです。

名前が光里(ヒカリ)な事と、動きが小鳥のようにぴょんぴょんと動き回ることから、あだ名が“ピーちゃん”になりました。

どうぞお気軽に呼んでください^^

好きなことは食べること。
食べログの“行きたい”の項目を増やすことを趣味にしています。

ピヨピヨと飛び回りながら、みなさまに楽しい時間を提供できるように
頑張らせていただきます(^^)

1人1人の個性を輝かせて、楽しく撮影しましょう!!

【ビリギャルの話】キラッキラの君になるために〜ビリギャル真実の物語〜を読んでみた。感想レポート

2019/6/7

237 0

こんにちは。

ライフスタジオ新横浜店のピーちゃんです。

 

読書の梅雨。って事で、読んでみました。

 

【キラッキラの君になるために〜ビリギャル真実の物語〜】

著者:小林さやか


「ビリギャル」って知ってますか?

学年ビリの女子高生が慶応大学入学を目指して
受験勉強をして、見事合格しちゃう。

私はこの本を読むまで、ビリギャルの事を、
そんなメルヘン物語か何かかと思っていました。
(無知ですみません。)

 

実は少し前にこのビリギャルのモデルとなった方の
講演を聞く機会がありまして、行ってきました。

「ビリギャルに学ぶ!自ら広げる未来〜we belive!〜」
と題されたこの講演会、
「なんか有名な人みたいだし、行ってみよ〜^^」
くらいな軽い気持ちで行ってみました。

しかし、実際にお会いした
元ビリギャルの小林さやかさんは
とっても素敵な女性で魅力的、
一瞬で心を撃ち抜かれた感覚でした。

しかも、ビリギャルってただの受験の話じゃない、
家族の成長物語だったのです。

 

この気持ちを整理、そして忘れないように
ここに記させていただきます。

 

今回の講演は自らが経験した受験をもとに、
子育てについてや、子供に勉強してもらうには
どうしたら良いのかについて等、
いろんなことを教えていただけた時間でした。


 

ゴーレム効果/ピグマリオン効果


信じてくれる存在は
子どもたちにとって必須なのです。

ゴーレム効果とは
「ネガティブな言葉をかけ続ければかけ続けるほど、
その子の能力は下がっていくし、
テストの点数も下がってく」と言うもの。

その反対がピグマリオン効果です。

期待を込めて、心の底から信じてあげる事。

これが大事なのだそうです。

 

スタジオでも初めての撮影に緊張してしまうお子様や
空間や人に対して不安や人見知りなどで泣いてしまうお子様も
たくさんいらっしゃいます。

そんな時、私たちはどう対応するべきだろう
といつも考えます。

一旦隠れてママとパパとのいつもの空間
を提供するのが良いのか、
それとも新しいアクションをして
心の距離を詰めることに徹した方が良いのか。

いつも考えています。

 

でも一番はママとパパがお子様を信じてあげること
これが実は重要だったりします。

ママやパパが不安がっていると、
それがお子様にも伝染してしまいます。

 

と言うことは、やはり私たちは
ママさんパパさんみんなの気持ちと
寄り添えるようにならなければいけないんですね。

 

Iメッセージで伝えよう


Iメッセージとは主語が「私」になっている
メッセージのことです。

例えば
「You must stutdy.(勉強しなさい!)」

これはYouメッセージです。

これをIメッセージに変えて、
「私は、あなたに勉強してほしいなあって思っているよ、
なんでかって言うと、知らない事を知るって
すっごく楽しいから!最近お母さん、
こんな事初めてみたんだけど、とっても楽しいんだ」
と言ってみたとします。

同じ事を伝えているのに、
受け取り手の印象が全く異なっていますよね。

そして、このIメッセージ
さらなる効果を生み出します。

受け手がIメッセージで返答しやすくなるのです。

このIメッセージを使えば、
思春期のお子様ともきっと話が弾むはずです。

 

ライフスタジオに撮影に来てくださる方の中には、
もちろん思春期のお子様もいらっしゃいます。

「家族で写真撮るなんて恥ずかしい」、
「一人で撮るなんて無理ー!」
と言う場面もありますが、
そんな時はお子様に寄り添って
しっかり対応させていただきます。

例えば、
ママさんパパさんにみられるのが恥ずかしいと言う時は、
敢えて撮影空間には一緒に来ないでいただいて
お子様と私たちだけの空間で撮影を進めたりします。

また、兄弟で撮影なんて恥ずかしいーとなった時は、
ゲーム形式で撮影を進めて、撮影という空間を
忘れさせてあげることができるようにしています。

 

私たちは言葉で行うことではないですが、
しっかりとお子様に合わせた対応を心がけているのです。

そして、撮影中に親も知らない”新たな一面”
を引き出しちゃったりするのです。

 

この本には「挑戦しない人生は、
成長もしないしワクワク出来る出会いもない。
そんな人生つまんない。」と記されていました。

私も「楽かった〜!」と言える人生を目指して、
写真を通して成長していきます。


 

ライフスタジオ新横浜店
Piii_chan(ピーちゃん)

 


予約についてはこちらから!



 

ライフスタジオ新横浜店Instagram

 

この記事をシェアする