Staff BlogShinyokohama

Yukika Fujimoto (ゆき)
新横浜店

藤本雪花

はじめまして!
新横浜の元気印!ゆきちゃんです。店舗ではぶっ飛びキャラでよくいじられています…(笑)

週二回は舞浜に根を下ろします。
美味しいご飯と睡眠が何よりたいせつ。他の物欲はありません。
ねむい。おなかすいた。でぃずにーいきたい。あかちゃんかわいい。

一日にのうちに喋ってる内容はようやくするとこんな感じ。

写真は二次元ではない。時間がこめられた四次元だと。
あなたらしい「カワイイ」瞬間を残します。
「カワイイ」という感情が私のシャッターを押します。

Step to 『photo』#20

2019/3/27

119 0

photo by Ara

Coordinate by Yuki

 

 

こんにちは!ゆきです^ ^

 

 

今日は先日行ってきたアナザーミーの写真から分析したいと思います!

 

 

アナザーミー自体のコーディネートも含めた分析はまた別途で掲載しますので今回は一枚の写真について分析したいと思います。

 

 

今回もカメラマンとして、そしてコーディネーターとしての二役で参加しました。

あらちゃんとペア、そしてぴーちゃんにもコーディネーターとして撮影に加わってもらい3人体制での撮影でした。

 

 

今回ブリーズさんからは1人に対し2着の衣装が届いていました。

2着の服。2人のカメラマン。

ここで私達は女の子のもつ二面性を表現したいと考えました。

 

 

女の子って本当に不思議です。

化粧一つ。髪型一つ。気持ち一つでまるで別人のようになることができます。

「表裏一体」それが今回のコンセプトです。

同じ少女なのにどこか違う。同じ少女の笑顔なのにまるで別人。でもそれもまた自分。そんなものを表現したいと思いました。

 

裏テーマは「バンドガールのオンとオフ」こんなところでしょうか。

 

 

ではまずcoolgirlバージョンの写真から分析したいと思います。

 

 

 

★光

今回使用されている光は逆光です。

ライフスタジオでよく使用される逆光。

肌の周りに光を落とし優しいふわっとした印象を与えることが多いです。

 

今回はそれらの設定よりアンダーに。

あえて周りを柔らかくしすぎない加減です。

今回の逆光はいうならば背後に背負ったスポットライトのような力強い印象を与えます。

顔周りの髪が彼女の顔に光が当たりすぎることを避け柔らかい印象を打ち消しています。

この時顔にはほぼ光は届いていませんが、彼女の髪の毛が陰を落とすことで陰影さを生み出し平面な感覚はなくなっています。

 

 

★被写体

身だしなみを整える、という点から考えると普段の撮影ではこの髪はNGとなることが多いでしょう。

今回は意図的にこの髪型にしました。

彼女のこの大きな黒目、強い瞳の印象をより強調するには両目に意識を分散させるよりも一箇所に集中させたいと考えました。

少しの上目遣い+隠された右目+笑みを浮かべる真っ赤な唇

この三点が彼女の表情を強い印象に変えています。

 

ポージングで垢抜け感を出すには集中させる点と脱力させている部分のバランスが保たれていることです。

 

両肩が張っていては写真そのものが堅苦しい印象になります。指先に力がこもっていてもおなじです。

 

少し右肩を少し落とし、左肩を上げることで斜めのラインが出ます。

このラインと傾けた首の角度により

頭の角度、眉、瞳、唇、肩の角度が全て水平になることでチグハグ感がなくなり、より表情に視線が誘導されるようになっています。

 

 

★トリミング

強さを感じさせるためにどれだけ被写体に集中させるか、という点がこのトリミングの着地点です。

余白があればあるほどそこに理由をつけることになり被写体への注目度は自然と薄れます。

限りなく余白は少なく。頭や肘を少しを切るトリミングで。

 

ポーズを切らず、彼女の表情、瞳に強くフォーカスさせる。このトリミングの狙いはここです。

 

 

 

この写真はよそ行きの顔。

かっこいいワタシ。

次回はこの少女がどこまで変わったのかを写真を通して分析したいと思います。

 

 

この記事をシェアする