Staff BlogShimokitazawa

Nam
下北沢店

南(Nam)

The Lemming Dilemma

2013/9/2

1071 0

"は、なぜからりるか? "
エミ友人きました。
"どういうこと?は、レミングだ。それは当然にしなければならないことだ。"
エミ友人えました。
"そうなの?ところで飛び降りた後の私達はどうなるんだろう "
エミ継続してきました。
"いことがるから "
"
"
"
まあ...たちはまだないこと "
友人えました。
"ところで私達はそれはだという事をなぜ分かってる "

デビッド·ハッチンソン著書"レミングのジレンマ"てくる一節
かがしいとすると、にはうことか検証もされていない状態で、むやみについていく現象"レミングのジレンマ"言います
はこのようなことをあまりにもます
生存最高である一般企業場合も、事情りません
構造調整当面不利益れて、ただ"うように"するだけです
そこには、何の創造的な姿勢れません
"レミングのジレンマ"主人公エミ私達質問げかけます
"あなたはなぜここにあるか、あなたがにしたいことはですか? "
そうです
にでも自己実現というきながあるのです
しかし、たちのほとんどは、生活必要じて、その猶予ながら生きてます
いつかはにしたいことが現れると信じながら....
しかし、そのようきることは、転車のギアを1にしてるようなものです。
激しくペダルをして、最終的にすべてのものを排出したままれてしまいます。
どのようにすればギアを10にしてゆったりと走りながらもきな成果ることができるでしょうか
それは、自分にしたいことをするだと思います
自分目標とビジョンを実現するためにそのこと
そうすれば、そのからたちは創造的になります。

たちの生活芸術になるのです
下北沢店新松戸店は、来年目標とビジョンについて何度共有する予定です
実際言葉にするとですが、行動移す際にはさまざまな問題にぶつかって行くことでしょう。
"レミングのジレンマ"そのようなたち少しでも役に立てたらと思います
たちの生活創作者になることたち人生たちのインスピレションから埋められていくキャンバスのように...
自分人生積極的創造していくができるという事は、人生最大だから...

この記事をシェアする