Staff BlogShimokitazawa

Nam
下北沢店

南(Nam)

ネアンデルタール人の影 - 推論のはしご

2013/5/28

283 0

内容掲示板掲載した際に "思考モデル"について説明をしました。
思考モデルを我々毎日のデタを観察し、それにづいて結論いて行くにつれ継続的増加します。
ここでは、これがどのようにわれるかをしくてみましょう。
"推論のはしご(図参照"は、たちの思考モデルがどのように形成されていくのかを理解する便利なツルです。
このはしごは、行動科学者Chris ArgyrisとDonald Schonが開発したもので、思考モデルを形成し、維持させるようにする思考過程追跡したものです。
ブギを洞窟から直前簿記洞窟友人経験えてみましょう。
らが挙げた推論のはしごは、通りです。(はしごの一番下から1段階ずつ上昇します。)。

0。らは世界のすべての観察可能なはしごの一番下います
- ウンガ、ブンガ、ウギブギ、トレボルは、すべての洞窟をうろついて、壁画いたりしてべることもある。
1らはいくつかの特別なデタについてはまだえてない状態です。
"ブギ洞窟があるかになる"
2らはそのデタに意味付与します
"ブギが私たちの事を間違えたと言っていた"
3は過程を立てます
"ブギおかしくなった" "ブギ非常識なのは間違いない"
4らは結論します。
"ブギはみんな壊そうとしている"
5らは事実えています。
"たちの仲はわりだ"

ブギの友人思考モデルをより強化する "反映"に沿ってります。

6行動移します
ブギは洞窟からけとびながら、灰皿げつける。
7らは結果得ます
ブギ洞窟れてらのる。
0。らの行動結果は、らが次回にどのようなデタを "選択"するかに影響えます。
我々は、ブギ洞窟から姿した洞窟っていた友人がこうったのだろう想像することができます。
"ほら、ブギってこないんじゃないの?おそらくにそれらの狂気のモンスタされてしまっただろう。または龍がんでしまったよ。いずれにせよ、我々しかった!"

このような
推論飛躍洞窟人々会話起こりました。このようにはしごをるのプロセスは、たちの潜在意識一瞬のうちにこります。
組織図同様です。
我々は、くの会議議論をしています。
これこそライフスタジオの利点であり、これからたちがくところの方向提示しています。
しかし、現在我々は、進行中会議討論しくわれているのか、疑問をする必要があります。より方法効率的方法つける必要がするからです。
てみましょ。

1デタを収集する。
"月曜日のミティングにアイデアを提示したが、わなかった。"
2意味付与する。
"ってにも反応がない。"
3過程を立てる
"意見尊重していない。十分にこのチムの価値発揮することができますが···"
4結論す。
"会議中わないがましだろよ。"
5事実としてじる。
"はあまり有能ではない。"

ここでは
反映として旋回します。

6行動す。
会議さない。
7結果る。
人々どんなアイデアも期待しないはこのデタを収集しても、えがしかったと結論付けているして有能ではないと。

いかがでしょうか?
会議議論ではこのような経験をしてみないか?
自分姿人々固定観念によって作成され、最終的自分もそうなっていませんか?
このように反映って行動につながる推論飛躍は、世界しての複雑思考モデルをさらにくします。
ここから自分推論のはしごりをしてみてください。
いにっていたつの部族場合は、一度じっくりと検討してみてください。
らはどのようにはしごをがって反映したのでしょう?
そして、あなたの最近経験から直接作った推論のはしごはだったかしてください

この記事をシェアする