Staff BlogShimokitazawa

Nam
下北沢店

南(Nam)

鏡の中の物体は、見えるものよりも近くにあります。

2013/4/1

310 0

死とは何か - Shelly Kagan

伝統名門大学、エール大学の17年連続講義をまとめた "死とは何か"。
この本は宗教的信仰と心理現象などを徹底的に排除したまま、ただ論理と理性の面で死の本質と人生の意味を考察する。
Shelly Kaganは、まず死の話をする前に、このような質問を投げかける。
"我々は、物理的死から生き残ることができるか?"
もし我々が魂と肉体からなる存在なら物理的死も魂が残るが、肉体のみの存在であれば物理的死は終わりを意味する。
しかし、物理主義支持者であるShelly Kaganの結論は簡単である。
"魂があるという根拠を見つけることができないため、魂の存在を信じることができない"
その後、魂がないという証拠も無いであろう?というは式の反論については、 "あるものががないという事実を証明するために、根拠を提示する必要はありません。"という言葉で防御をする。
すっきりとした論理だ。


彼の論理は "人間は物質的な存在である" "魂はない" "それなら死は終わりだ" "死は私たちから人生が与えるすべての祝福を奪っていくという点で悪いのだ"という順序で展開される。
 

一部では、このようなShelly Kaganの主張が危険だとする。
理性ですべてのことを解放せようとする試みは、美しい映像を分度器と巻尺を動員して鑑賞しようとすると大きく異ならないからである。
生と死を合理的にだけ説明するならば、仕方なく陥ることになる結果がすぐに "功利主義"と "機械論"である。
合理性はこちらと向こうを比較することを基本としますが、生きていく行為は説明できない崇高さがある。
説明することができないため、多くの人々が文学を通してその崇高さを表現しようとするものである。
余談だが、作家は自分を "物理主義"と言っているが、実際に彼はユダヤ教の出身であり、宗教を支持する人だという。
この本は哲学書である。
そのために感性的でない検証されていない理想論的な提示はしないことを理解しなければならない。
したがって、Shelly Kaganは生と死の問題を論理的に表現しなければならない。
哲学的にはとても徹底した論理にうなずく事になるが、世の中で起こっているすべてのことを説明はしないということは、この土台に基づいている。
理性的な事実に基づいていなければ哲学的な思考が行われないからである。
著者も主張したように、死に対する答えは、結局、自分が探しており、彼は哲学的な観点を提示したに過ぎない。

今は "人生"がより身近だが..いつかは私たちは "死"とも近い日が来るだろう。
そして、 "人生"と "死"は重要なテーマであることを認識しなければならない。
よく生きるということはよく死ぬことを準備することになるからである。
私たちは皆死ぬということは、哲学的にも科学的にも、宗教的にも唯一の真理である。
<死とは何か>は、最終的には人生は結局サルマンとの意見を伝達する。
これまで私たちが無関心だった死を考えながら人生を喚起するきっかけにするにはよい本である。
また、 "死"という正体を把握しようとする彼の粘り強い努力と情熱だけで、私たちは "生きている存在"のすばらしい価値に同意することができるだろう。

"いつか死ぬという事実に直面して、我々は果たしてどのように生きなければならだろうか?"
これにより、このように回答することができる。
"そんなに多くの時間が与えられていないの私たちの生活を、できるだけ多くのもので満たされてなければならない。することができる間、できるだけ多くの祝福を味わわなければならない。"

この記事をシェアする