Staff BlogSendai

Kazuma Gomei
仙台店

五明 和真

ゴメラマン
で検索!!!!!

「家で元気でない子供は居ない」
をモットーに、誰よりも激しく撮影をします!


うちの子は落ち着きなくて…写真撮影が不安。
全国のママさん!パパさん!私が不安を解消致します!!

写真分析 シルエットを撮ろう! 【ライフスタジオ仙台の写真】

2019/9/1

221 0

 

Lifestudio sendai

Photo:gomei

 

■初めに

この写真は、人を見て、その人に合わせて条件設定したわけではありません。

またモデル撮影イベントの際に撮影された写真です。

8月の仙台店写真課題である“シルエット”を狙って撮影をしました。

写真を作るプロセスとして、具体的な条件のイメージをしてから人を当て込めた撮影になりますので、あしからず。

せっかくの課題写真ですから、写真分析をかいてみました。

 

 

■シルエットどこでとろう。

この時点で、条件が結構 限られます。

まず明るい自然光が回るスタジオだとどうしよう問題。

うーーーーん、どうしよう。

そして、全く真新しくないので、まずは自分の条件(いつものパターン)を見直すことを心掛けてみました。

そんな時は、当たり前をやめてみることにしてみます。

大体こんな時は思い付きを採用することが、なんだかんだで一番楽にことを進めることができる!と信じているので、今回もそうしてみます。

 

  • スタジオで撮るのをやめてみる

当たり前にスタジオで撮影することをやめることにしました。

とは言っても、完全に見切り発車なので、散歩がてらブランチ仙台の中をプラプラ。

シルエットの条件としては、陰影差を強くつけられるところです。

インエイサ、インエイサ、インエイサ、インエイサ、、、

そんなところ、ショッピングモールになかなかありませんね。

とりあえず自分の車の荷物をとりに行くことに。

車の前で一周見回します。

!!ここはどうだ!?

距離がよくとれる立体駐車場を見つけることができました。

 

  • 止まって→撮る→止まって→撮るをやめてみる。

なんだか最近クセになっている、被写体が止まっている状態での撮影。

例えば特に考えなしに、背中を壁につけさせて撮影とかは、結構ダメ撮影ですね。

止まっているなら止まっている理由が欲しいところです。^^

シルエット写真を撮影するので、壁に背中をくっつけてしまうと、せっかくのシルエットがどうかしてしまうのでもったいないです。

ではどうしようか。

動きをつけることで被写体の動が強調され、シルエットが際立つのでは!そう考え。

「下を向きながら回ってみよ~」と声をかけたところをパシャリ。

彼女は「なんで?」と不可思議そうにしていましたが、お願いしました。

 

■なぜそのように撮影をしたのか。

いろんなテーマや、被写体の情報は色々ありましたが、シルエットは表情などは見えないので、内面的な要素を引き出すよりは、姿かたちの要素がとても強く現れます。それを通して何を表現したいのかという点に関しては、内面的な要素は必要なのですが。

 

まずは彼女のヘアスタイルはボブということ。

これはかなり大きかったです。

ロングヘアーで大きく動くと、髪の毛が四方八方に飛び散るので、シルエット少々印象が怖くなってしまいそうです。

ですが、ボブだとどうだろうか。

これが発端です。

 

 

■さいごに。

何をテーマにしていたか。

第一次反抗期!もちろん彼女はそうではないのですが^^;

そんなお年頃の少し秘密主義になりながら、大きくなっていくそんな姿を撮影してみたいと思ったのです。

 

 

☟☟タップでフォロー☟☟

https://www.lifestudio.jp/data_up/board_img/2da/2da152d3b4a39c09ff876d3a9a56f41f.png

 

 

 

この記事をシェアする