Staff BlogSendai

Kazuma Gomei
仙台店

五明 和真

ゴメラマン
で検索!!!!!

「家で元気でない子供は居ない」
をモットーに、誰よりも激しく撮影をします!


うちの子は落ち着きなくて…写真撮影が不安。
全国のママさん!パパさん!私が不安を解消致します!!

千葉くんとベンキョウ。

2019/7/28

391 3

題材:哲学エッセイ 第1章~2章

 

まえがき:

はて、私は哲学エッセイを読むのは何度目か。

確か最初は、まっくろという社内学習サークルの討論材料でやったな。

2度目は何もないとき、個人的に読み直し、今回は仙台店の学習題材として使用することになり、3度目になるはずだ。

正直読み直してみて、忘れていた内容や考えても理解できていない内容もある。

そして何より間違った解釈の元読み進めていることもあるだろう。

まあ、間違って解釈しても次回読み直す際には、また受け取り方も変わっているだろうから、それはそれで進めようではないか。

 

ではでは、ではでは。

 

 

 

■現象の間の関連性を見てみると、ものを駄々しく把握することができる。だって

五明「千葉くん、つまりは起こった出来事のみを見続けても、正しく知ることは出来ないのだよ」

千葉くん「はい!そうっすね」

五明「例えば、例えばだよ?千葉君が同じミスばかりしていたとしよう。私の千葉君への態度は初回のミスと10回目のミスとでは、勿論対応が変わるわけだ。わかる?」

千葉「はい、早く覚えろよって」

五明「このケースでは、ミスそのものよりも、他の問題がありそうだよね」

千葉「そうっすね」

五明「このケースから、どんな原因が見えそうかな」

千葉「そうっすね…」

五明「…」

千葉「…」

五明「…」

千葉「…」

五明「今一番キレそうだよ」

大切なこと:

起きた事柄だけを見ていたら、それは本当のこと”本質”を見れないことを意味するよ。

なんでそうなのか、どうしてなのか。コトとコトの”あいだ”を見ることが大切だね☝

 

■相対的関連/相互作用!?だって。

五明「~~~このようにオオカミとイノシシの関連性を考えていないことで、新たな問題が起きてしまったということらしいよ」

千葉「ふ~ん」

五明「でも、仕事でも似たような例があるよね。こういう取り組みをしていたら、思わぬところでこんなエラーが出た!みたいな」

千葉「実体験でありますよ」

※割愛

 

五明「作用って意識しないと作用しないのものなのかな?」

千葉「作用しないんじゃないっすかね」

五明「作用って言葉を普段使わないから、影響に変えて考えてみるとどうかな?」

千葉「影響は相手が自分のことを知らなくても、影響を受けることがあると思います」

五明「わたすもおもうよ」

千葉「作用って意図しなくてもされる場合もあるっておもいます」

五明「んだね、海によくある恋愛の南京錠は、自然に意図や意識がなくても勝手に塩水に侵されて、錆びるものね」

千葉「ええ」

五明「つまりは関連は物のつながりであり、作用は影響うんぬんの話だね。」

千葉「なるほど」

五明「なにがなるほどだ。私と千葉君は、カメラマンという関連性を持っているわけで、さらに同じ職場内において、いやでも影響を受けあっているわけなのだよ。俺がイラッてしていたら、空気がぴりってするだろ?」

千葉「^^;」

五明「^^;」

 

大切なこと:

まずはどんな影響があり、どこまで影響を及ぼすのか洗いざらい考えることから始めてみよう。

自分の影響を考えず行動する私みたいな者はダメ☝

 

■相対的独立!ナマエカッケー

五明「文章には“事物は関連されていないと同時に関連していないこと”とあるが、これはパラレルだな」

千葉「まどろっこしいですね」

五明「ですな、例えば千葉は私から見ると後輩ですが、もしかしたら家では威厳のある父かもしれないよね、これは私にはわからないし、そうでないかもしれない」

千葉「はいはい」

五明「相対的独立に当てはめて考えてみると、一方では同僚として関連しているが、一方では全く関係なく、例えば威厳ある父として存在している。そんな感じかな物事って二面性があるよね~」

 

※五明をたとえてみよう

・仕事面から見える五明の印象

千葉「ルールを重んじる固い人間。たとえるなら鉄球人間」

・一方家ではどんなのだと思う

千葉「いろんな話をかいつまんで考えてみると、家では弱い。豆苗みたいな人間」

 

大切なこと:

自分が知っているものがすべて?きっと違う。懐疑的になろう。

色んな相対的に関連したり独立してたり、なんちゃらホンチャラ。

多くの要素から、何が大切なのか、”優先順位”を付けないと、混乱のドツボだ☝

 

 

■サービスで考えてみよう

お客様と直接的にかかわる時間をメインに、すべての行為の影響と関連性を考えかきかき。

そこから見える、私たちの顧客感動へ向ける現場施策とは!?

これらを勉強してみて、本当に私たちのしている行動が、よく伝えられているのか?

もしくは何かを見落としているのではないか?

良かれと思っていることが、一方では気分を害しているケースがあるのではないか。

自分たちを懐疑的に見てみながら、認識をしてみましょう!

 

 

 

8月こうご期待!!

Comming soon!!

 

 

 

あとがき:

月2回のつたない私主導の学習ですが、千葉君のメモ帳にはワードが沢山。

そして前向きに学習しています。

彼が最近発する言葉は、

「発展できているかはわかりませんが、変化を実感しています!!!」

頼もしい!いい状態ではないか!!!

きっと仙台店変わります^^

 

この記事をシェアする