Staff BlogSendai

Yoshihiro Chiba
仙台店

千葉 芳広

千葉芳広
岩手県一関市出身

野球大好きです。
小学校から現在に至るまでやってます。
世代で言うとマー君、斎藤佑樹、前田健太、坂本勇人のいるいわゆるハンカチ世代です。
野球三昧の日々でしたが旅行も好きです。
ある時友人と旅行に行く時にいつも写真がないということを後悔し
思い出はしっかり残そうと思い一眼レフを買いました。
それから写真の楽しみを知りました。

学生時代、日本47都道府県のうち43都道府県を旅行してきました。
そのほとんどが雨や台風にぶつかり、いわゆる雨男なのです。
いつの日か日本制覇したいと思います。


好きな言葉は『思い立ったが吉日』
やってみようと思ったことは実行して行きたいと思ってます。


笑いにあふれた人生だったと言えるように
笑うこと、人を笑顔にすることを大切にしています。

ブログでは大切な家族との思い出「Famstory」を更新していきます。


好きな食べ物
カレーうどん、ラーメン、カレー
嫌いな食べ物
キノコ
好きな映画
君の名は  エヴァンゲリオン 007
好きなドラマ
タイガー&ドラゴン 木更津キャッツアイ

線を引く  @ブランチ仙台

2019/7/21

210 0

道を歩いていると線対象に画面が整理できそうなポイントを見つけるとつい写真を撮ってみたくなる千葉です。

お写んぽ最近してないなー。

 

 

今回の撮影はブランチ仙台を日ごろ歩いている中で見つけた場所になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

線対象の構図

階段の途中に座ってもらい格子が縦のラインで主張しているので縦軸は格子に設定し階段の側面が対角線となりそれが軸になるようにしてみました。

線対象な写真を私はよく好みます。その理由は深いものではありません。シンプルに「綺麗だ」と第一印象で思うからです。

日の丸構図といわれる写真が線対称を意識した代表だと思います。

 

 

 

光でアクセントを作る

カメラに対し45度くらいの角度でストロボを半逆光で使用しました。

フレアが印象的になりますが左斜めに下にもゴーストが入るように微調整しながらシャッターを押しました。

アクセントも出来れば線対象にできればなあという個人的な美に対するこだわりです。

 

 

モノクロにしてみて

無機質な雰囲気をより引き立ててみるともっとかっこよくなるのではないか?

という疑問をぶつけてみる。

もともと黒がメインカラーなので黒やグレーの質感がもう少し主張をしよりクールな印象になりました。

さらにカラーだった場合ゴーストの光の色やモデルさんの顔色もあり画面全体にさわやかさがありました。

その画面を横断するゴーストの色味がなくなると彼の顔に当たったストロボの光がより強調され彼に集中することができます。

 

 

 

 

今回の撮影場所

仙台の泉区にあるブランチ仙台のとある場所になります。

スタジオ内だけでなくブランチ仙台という商業施設での撮影許可を頂いているものありがたいことに撮影させていただきました。

お越しの際はどこの階段使ったんだろうと探してみてください。

ちょっとした場所でも整理すれば写真スポットに!

とは言え、かっこいいかわいいお子様がいればどこでもフォトジェニックですが^^

 


こちらからもブランチ仙台で撮影したお写真を見ることができますのぜひご覧ください^^

 

タップでフォロー

https://www.lifestudio.jp/data_up/board_img/2da/2da152d3b4a39c09ff876d3a9a56f41f.png

 

 

この記事をシェアする