PhotogenicSendai

Read FACE

投稿日:2022/9/19     更新日:2022/9/19

570 0

もっと言うと

”read somebody's face”

直訳すると、 ”表情を読む” です。

 

1か月ほど表情に悩みました。被写体の表情です。

笑顔、希望を感じる表情、わくわく期待感のある表情。写真館ではそんなイメージの写真が数の大半を占めていると思います。

 

私が今回目指したのはポジティブかつクールなラインの表情。

理由は雑誌の表紙の様な1枚を撮りたかったからです。

自分を雑誌編集長と仮定し、本の表紙になるような雰囲気とは、、、

「anan」「Oggi」「CLASSY」「mina」「ViVi」様々な雑誌の表紙を飾るのは表情が中心です。

 

私はこれまで

真顔なら真顔で、笑顔なら笑顔で、泣き顔なら泣き顔で、怒っているならその顔を。

成長過程にある作り笑顔とかも普段なら数枚残そうと考えます。

言ってしまえば表情についてはシンプルなアルゴリズムで考えていました。

もっと言えば浅かった自分がいました。

 

さて、そんなことを思いつつ7歳になんと声をかけようかというところです。

なんて声をかけたら絶妙な表情に到達できるのか、、、

 

「希望を感じる表情してみて!」

「ポジティブ3秒前の顔をお願いします!」

といったところで何?って感じだと思います。

 

肩を見てほしいだけなのに「肩に米粒ついていない?」というライフスタジオ独特の接し方もあります。

しかしそれも難しく。

 

結局のところたくさん会話を重ね「待つ」という選択でした。

自分が思い描く表情に近い瞬間を逃さず、話しに話して、タイミングを見計らう。

芸人であり、スナイパーであるかのように。

 

背景は

被写体が活き活きとしたように際立たせる舞台として

非現実的な青い背景、青い植物で撮りました。

 

ライティングは

麦わら帽子の木漏れ日を軸に考え、被写体上からLEDを灯しました。

平面的な要素が多い中ライティングで立体的な演出をしたかったのです。

 

その舞台だけで2度見したくなる

そして、この子はどんな表情だろうか

これから笑うのか、それとも、、

そんな1度みていろんなことを考えてもらえる様にと願いを込めた1枚です。

 

この子の表情をみて、どんな想像をしますか?

 

この記事をシェアする