PhotogenicSendai

【 TIME 】

投稿日:2022/7/25

697 1

ものすごくシンプルに被写体のらしさや、特徴を詰め込んだ1枚。 

髪の長い男の子、おしゃれでジェンダーレスな服装、そして悪戯な元気。 

そんな彼っぽい写真を撮れたらと思って考えました。 

頭に物を乗せてとるハードルの高さはあります。 

なぜって、変顔大好き元気盛りの6歳Boyです。 

だからこそ撮れた時 ’美しくなる’ と確信していました。(私はそう思って挑んでました) 

 

 

 

【  TIME  】

Photo by Lifestudio SENDAI

 

 

 

 

つまり緊張感のある1枚でもあります。 

頭に乗せた本の上に持ち込みのアルファベット「neiro」 

これが落ちないように、バランスとシャッターの準備が必要です。 

カメラマンと被写体の息を合わせないといけません。 

もっと言うと頭にアルファベットを載せるためサポートをしてくれたコーディネーターとの息も合わせます。 

 

もちろん元気いっぱいの子なので、チャンスは一瞬。 

呼吸を止め一瞬を捕えます。 

 

なんとかこの写真に辿り着きほっとしました。 

みんなで作った1枚だから嬉しさもありました。 

 

一人ではなかなか写真が取れないとつくづく思いました。 

今やっと気づいたことがあります。 

それは 

 

「 共に作った過程や時間が美しく、それを写真と呼ぶんだと。 」 

 

 

 

 

この記事をシェアする