PhotogenicSendai

心の解放

投稿日:2021/1/20     更新日:2021/1/20

703 7

 

 

 

 

 

誰でも緊張します。

スタジオに来てくださる子供達もみな緊張しています。

緊張を隠してふざける子もいます。

緊張してママさんにしがみついて離れない子もいます。

もちろん泣いてしまう子もいます。

 

様々なケースがありますが、おうちにいるときの表情が一番だと私は思います。

普段見ている、いつもの笑顔は一生の宝物です。

大きくなった時「そうそうこんな笑い方してた」と思ってもらえたら私の写真は残した写真に付加価値がついたことになります。

そんな想像をこの撮影の時していました。

 

初めてのスタジオは緊張する場所かと思います。

どんなスタッフがいて

どんな場所でどんなものがあって

どんな雰囲気で撮影するのか

来店前にわかるわけはありません。

写真館にいってはじっとして、カメラの方を向いて、ニコって

うちの子は出来るのかなと不安に思われる親御さんも少なくはないと思います。

 

ライフスタジオでは

お子さまが楽しめる空間もあり

安全にお子様と一緒に遊んでくれるスタッフがいます。

じっとしてないといけないというのは過去の概念かもしれません。

ライフスタジオでは仕草やポージングも写真とって必要な要素として撮影をしています。

 

ゆえにじっとしていなくて大丈夫です。

 

心を解放してください。

お子様も親御さんもみんな解放して大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

「心の解放」

ライフスタジオ仙台

 

 

天気 晴れ時々曇り

季節 12月冬

時間 13:02

絞り値 F/5.6

シャッタースピード 1/640秒

ISO感度 2000

焦点距離 24mm

 

 

 

 

 

今回の撮影では会うのが二回目ということもあり、緊張こそしませんしずっと元気でした。

どこか緊張というか恥ずかしさを隠すためにふざけているというか走り回っていると言うか…

そんな雰囲気を感じました。

同じ目線で遊ぶとこと、同じテンションで答えること、同じスピードで捉えること

それだけを考えていました。

心と体を解放し、ハイテンションになった彼らとの戦いです。

 

 

この撮影はスピードとの戦いでした。

 

シャッタースピードもそうですが、彼らの動きに合わせる準備と自分の動きを作る準備です。

一緒に撮影をしている時間の中で何度も何度も『いいなぁ』『可愛いなぁ』と思う瞬間をシャッターチャンスを逃してきた。ピントが合ってない…ブレてる…

そこにはスピードについていけない自分がいました。

だからこの撮影でそのスピードに追いつくため、この撮影で逃してきたシャッターチャンスを挽回するため、決定的瞬間を残すため、準備するしかなかったのです。

 

 

 

『らしさ』全開の写真がこれだと私は思います。

本当にいつやってくるかわからないシャッターチャンス!

常に気を張ってスナイパーのようであり、共に戦うプレイヤーでもある。

まさしく全集中。

 

撮れなかった瞬間もある、けど次来た時は全て撮るよ!!

また戦おう、この場所で

この記事をシェアする