PhotogenicSendai

【いざ勝負!】 スマッシュケーキの確率

投稿日:2020/6/20

715 0

皆さん予想ってできますか?

もちろん時と場合によります。

私は予想というものがとても苦手です、、、

 

さて、

【スマッシュケーキ撮影で赤ちゃんがケーキにまっすぐ向かい食べる確率どれくらいか予想できますか?】

 

 

予想が出来るというのは知恵や知識、経験等が自分自身の中でしっかりと反映されている証拠です。

予想が出来ないということは知らないということ、不安や心配があるということ、人によっては逆にそれが楽しみという方もいます。

 

スマッシュケーキという撮影は予想できる部分と予想できない部分があります。

予想できる部分はおそらく食べないということ。

これまで仙台店の撮影で延べ15件くらいのスマッシュケーキ撮影をしてきました。

自らケーキに向かい、食べたという子は1人だけ。

この統計だと1/15の確率でわずか6%の確率になります。

集計がライフスタジオ仙台店の15組のデータしかないのですが

たったの6%です。10人の赤ちゃんがいたら一人も食べないかもしれないということです。

なのでこの経験からケーキに向かい食べるというのはほぼないということです。

 

次に予想が出来ないという部分に関して

それはその子がどんな反応をするかわからないということ。

赤ちゃんとはまだ意思疎通が難しいです。白くまのぬいぐるみ一つを渡しても耳にかぶりつく子もいれば、投げ飛ばす子も、抱きしめる子も、見て笑うだけの子も、泣いてしまう子もいます。目の前にあるものをどうとらえるかそれぞれの見解が違うからです。なのでケーキを目の前に出されたこの子はどんな反応をするのか予想が難しいです。もっともその部分が楽しみのひとつかもしれませんね。

いやむしろ泣いても可愛いのが赤ちゃんなので楽しみしかないですね。


 

さて今回の撮影では

ケーキに対し闘志を燃やすように睨み利かせた様子でした。

ケーキに向かい食べるというというのではなく

この子の場合はケーキを揉みに揉みまくっていました。

とにかく揉む

ひたすら揉む

モムイズベスト!!

 

これからパンの生地でも新たに作るんじゃないかくらいでした。

 

 

 

撮影時とにかく赤ちゃんの反応をひたすら待ちます。何に興味があるのか、イチゴなのかクリームなのか。それを食べ物と認識しない子も中にはいました。

撮影は待つということも大事です。

スマッシュケーキ撮影においては特にそう思います。

 

この記事をシェアする