Staff BlogOmiya

yocchan
大宮店

渡邊佳

南国宮崎出身よっちゃんです!
大宮店&代々木店でカメラマン、コーディネーターとして撮影に入らせて頂いてます。
今年で30歳!三十路ロードを突き進んでおります!笑
写真を通して幸せ感じていただけるよう、今日もフルパワーでかけまわりますよー♪
よろしくお願いします!

Posing ★F10★

2018/9/28

384 0

来店時、さわやかな色のTシャツを着た彼は、3歳のやんちゃ盛りの弟くんとキャッキャッ遊んでいた。

お兄ちゃんだけど、弟みたいに自由に走り回りたいし…

今日はいっか~!というような感じで、1シーン目の2ショットは盛大なお祭り騒ぎとなりました(笑)

そしてお着替えをしいざソロ撮影!

カッコよく革ジャンを着こなしブーツをはいた彼。

髪もカッコよくセットしてもらってバイクにまたがる。

時々ふとした瞬間にくれる目線が、さっきのひょうきんなお兄ちゃんとは全然違い、男らしさ全開。かっこいいとお兄さんたちも叫ぶ。

 

ベレー帽をかぶり少し雰囲気をかえ、窓の近くへ場所を変えた。

丸眼鏡をしたりとびっきりの笑顔も頂いたが、彼のソロは「男らしさの発見」というもので締めくくりたいと思った。

コーディネーターのうえちゃんが彼の身長に合わせて台を持ってきてくれた。そこで窓を開け肘をつきあごを触ってもらう。彼の笑顔に合わせて明るめの写真が撮れた。

そして最後右手で窓を閉めるように持ってみてと伝え彼が持つ、次に手に頭くっつけてみてと身振り手振りで伝えた。

 

彼の綺麗な目、顔にあるほくろ、少し横を向くことでできた首の筋、ジャケットの艶感。

少しひらいた口元がキメキメ感を無くしてくれて、脱力しているように感じ彼の目力がより一層際立つ。

 

_________________________________________________________

 

8月9月と取り組んできたポージング。

 

自宅にある細い全身鏡の前でどうしたら自然にみえるポージングができるのか、「自分が出来なければ相手にも伝わらない」とチャレンジしてみた。

自分の身体のかたさに、分かってはいたもののアセアセ…。

でも、身体のかたい子どもたち&パパママもいるかもしれない!と試行錯誤。

 

その結果、身体の筋が緊張した状態だとかなり負担になることが分かった。

そこでやはりたどり着くのが、「重心」。

重心を預けることによって(重心を預ける位置も重要)負担が軽くなり、身体の動かせる範囲も広がり、ポージングがしやすくなる。

これまでポージングをする上で重心を預けるということは何回も聞いていたが、今回自分で撮影される側の動きをしてみて初めて実感したことがたくさんあった。

ポージングしやすい環境を作ったら、あとはどう被写体を動かしていくかが重要になる。

自分の言葉や身体を使って相手に伝えるには?次はどうアプローチをかけるのか?やらされている感はないか?子ども達の負担になっていないか?

 

考えることやるべきこと。これからも精進していきたいと思います。

まずはストレッチから!笑

 

 

photo by Yocchan

coordinate by Uechan

この記事をシェアする