Staff BlogNagoya

eri shibata
名古屋店

柴田愛梨

こんにちは!
愛知県岡崎市生まれ&育ちの
しばです♪よろしくお願いします!

タピオカ力(最後は「りょく」タピオカカではない)

2019/8/7

114 0

 

 

ブームというものは何を皮切りに起こるものなのでしょうか。

一向に不思議でたまらないのが、タピオカ。

 

私自身も行列店の名前(少々)くらいは知っているし、この前は大阪旅行で飲んだし

仕事帰りも寄ったりします。

 

(余談ですが、洋服の流行は、流行したと同時に流行させているみたいな部分がありますよね。)

 

タピオカって数十年前に一回日本に入ってきて、数年前にも名前が浮上してきて、

またさらに急上昇した、っていうイメージなのですがどうでしたっけね。

そもそも何がそこまで人々を虜にするのでしょうか。

(タピオカ嫌いなんじゃなくて、単なる疑問です)

 

色々調べてみたところ、

フラペチーノが関係しているのが大きいみたいです。

某珈琲店の1杯600円前後のフラペチーノを買い求める若い人たちが急増し

「デザート感覚の飲物にそれだけのお金を払う」ことがある意味常識化したことが大きいらしいのです。(値段設定がしやすい。)

しかしすでに市場で地位が確立されており、出る幕はない。

 

そこでタイミングよく、かは分かりませんがタピオカがきたわけですね。

(※タピオカってそのもの自体というよりも、まだ出し尽くされていない「お茶」という第二武器を備えているから将来性があるのだとか。。そういえば、タピオカミルク「ティー」ですね)

(詳しくはないですが、積む時期、燻し方、入れ方などそれぞれの方法によってかなり違うらしいのです。)

 

タピオカ→お茶ブームになるのかも知れませんね。

短期間で世の中は移り変わるらしい。。

 

世間では

「タピオカ」1つのテーマだけでこんなに考察されているのですね。

 

私自身8月のテーマがアイデアに関することなので

疑問、もしくは使えそうなものを多くストックして、書いていこうと思っています。

 

 

まとめ

 

ブームの入り口が用意されており、その先の可能性もある。

好きでいてくれるから好きになりやすいけど、結局おいしくないと好かれない。

 

最終報告:タピオカは美味しい

 

とのこと。

 

....終わり。

 

この記事をシェアする