Staff BlogNagoya

picture45-1つの場所

2013/11/30

573 1

越谷店写真。

 

横写真の可能性。

 

横写真を発展させることで重要なことは、結局その被写体をどのように切り取るかだと思います。縦で撮影をしながら、無意識にカメラを傾け横で写真を撮るという悪い習慣を身につけて進むフォトグラファーが多くいます。

 

その理由は横の写真が難しいというよりも、横の写真に写りこむ全てのものに意識的に意味付与をする習慣がないからだと思います。

 

縦、縦、横、それを日常的なサイクルとして写真という結果物を出すことにはそろそろ限界がくるはずです。

 

横の写真において空間の整理も重要ですが、それよりも重要なことは、その被写体をどう切り取るかです。たとえ空間が整理されていたとしてもどこか中途半端に被写体がトリミングされているのであれば、その横写真として存在できる条件を満たすことはできません。

 

結局それは被写体のポーズやアングル、そのどれによっても異なるものであり、横でトリミングできる場所が一つだけ存在します。

 

それは黙っていても当然見つかるものでもなく、探求によってのみ発見できるものです。

 

横写真に集中するということは、だたカメラを横に構えるということではありません。決定的なその一つのポイントを探せるかどうか…。

 

決定的な横写真が私たちの原本の中に2割増えるのだとしたら、写真が良くなる可能性があるのではないでしょうか?

この記事をシェアする