Staff BlogNagoya

Yumi Tsuchiya
名古屋店

土屋有美

岐阜県土岐市出身。

名古屋店ではつっちーと呼ばれています。是非気軽に呼んでくださいね!

小さいお子様や赤ちゃんが好きで、日々の皆さんの暖かい笑顔に癒されています。

名古屋でお会いしましょう!

私の主題

2018/10/11

747 2

 

私がカメラマンになってから

 

1年3ヶ月になりました。

 

ライフスタジオに入社する前に

 

スタジオに6年間勤めていました。

 

簡易的なスタジオで光、構図、背景、

 

設定すべて決められていて、構図を合わせ

 

リモートスイッチを片手に

 

子供を笑顔にさせて、スイッチを押して

 

型にはめられた撮影でした。

 

すべて言葉に対してマニュアルがあり、

 

自由はなくデザインにも飽きてしまい、

 

毎日同じ事の繰り返しに嫌気を覚えました。

 

その頃に衝撃を受けたSNSに掲載されていた

 

言葉今でも覚えています。

 

 

「写真に写っているものが人物であれ植物や

風景であったとしても、その写真を撮るときの、撮影者のまなざしが写真に写ってきます。」

 

この言葉を見てこの写真館では撮影者の

 

まなざしは入っていない写真、

 

私は気づかされました。

 

今のままでは写真を知らないまま

 

時間が過ぎ去ってしまう事に

 

変わらないといけないと

 

思った事今でもよく覚えています。

 

 

 

 

 

写真は、撮りたいものを、

 

撮りたいとき、撮りたいように撮ればいい。

 

人物や光景と出会って、

 

見た感じそのまま撮ればいい。

 

でもそれだけではないです。

 

自由だからこそ私は

 

見た感じのまま撮影する。

 

美しさを自己表現すること

 

自己表現として大切な事は、

 

撮りたいものを撮りたいように撮る事。

 

人にどう思われるか、どう見られるか

 

気にした写真よりも、

 

自分の内側に正直に向かう写真の方が、

 

より伝わりやすい思う。

 

受け手の立場になれば簡単にわかる事

 

なのに、いざ発信側に立つと、

 

あれこれ考えてします。

 

だから私は

 

「何年たっても美しい、懐かしい」

 

と思っていただける

 

ような写真を撮影して行きたいと

 

考えています。

 

キャッチコピーのように聞こえて

 

しまうと思いますが、

 

私の主題は美しさを表現する事。

 

この記事をシェアする